« 気晴らしにちょうど良い距離 | トップページ | またまたキジと遭遇 »

2014/06/08

十九夜様の開眼

19dsc0048119dsc0050719dsc00509_4・十九夜様の開眼式です。何百年に1回位の行事でしょう。華やかになるよう紅白のサラシを買ってきて巻きつけてもらいました。当集落の出生も最悪で今年うちの孫が卒業すると小中学校の児童・生徒が”0”になるという異常事態です。子供が生まれるとタスキに出生日と名前を書いて、丈夫に育つよう、この十九夜さまに掛ける習慣がありました。年寄りが亡くなりこの習慣も忘れ去られようとしてます。我々が子供の元気な声が聞こえる地としたい願いをこめて、新しい如意輪観音様を祭りました。日本の場合、出生率が2.07で現状維持だそうです。人口が減って栄えた国は無いといわれますが、困った問題です。

|

« 気晴らしにちょうど良い距離 | トップページ | またまたキジと遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気晴らしにちょうど良い距離 | トップページ | またまたキジと遭遇 »