« 滑稽なシステム | トップページ | SoftRock-28 PSDR  »

2014/07/01

Flex-1500->100W化

F1500dsc00695・Flex-1500の100W化をしてみました。SoftRockで使ったTS-520Sファイナルを使うやり方ですがこっちはちと格調高くマイクのPTTで送受の切替えができるようにしました。後ろにあるFlexWare I/Oコネクター(全9P)8Pに12Vが出ています(ユーザーマニアルには+5Vと書いてありますが誤りでしょう)。PTTを押すとコネクターの3Pがグランドに落とされます。この間にOMRON G6S-2リレーを写真のように入れます。このリレーのNO接点をTS-520SのマイクPTTにつなぐだけです。Flex-1500のANT端子はSoftRockで使った入力にいれます、Driveは5で十分です。
Drveimd・Drive20のときのIMDを見ておきました。出力は約1Wくらいです。これ以下の出力であればFlex-1500のIMDは40dBくらいはあります。ろいろチョンボをやってますので慎重につなぎました。ところがうまく機能しません。調べていくと表面実装のリレーは接続図が(TOP VIEW)で基板穴に半田付けするタイプは(BOTTOM VIEW)であることがわかりました。(TOP VIEW)の配置を見て配線してしまったので入れ替えました、リレーに極性がありますので反対では全く動きませんでした。なにをやっても注意力不足でショボーンであります。このリレーの規格は内部抵抗1028Ω、電流11.7mAです。接点容量はDC30V 2Aと十分です。これでマイクの前で口笛を吹くと軽く100Wでます。「5W QRPです」、とやっても自己満足だけでお年寄りに(自分もお年寄りだが)耳を澄まして聞いていただくのは忍びないと思い100W化しました。高い半導体リニアアンプを買わなくても、押入れに転がっている昔の真空管リグで十分です。

|

« 滑稽なシステム | トップページ | SoftRock-28 PSDR  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滑稽なシステム | トップページ | SoftRock-28 PSDR  »