« 3.5MHz 竹ざお | トップページ | 水平器と針金を締める道具 »

2014/08/29

Feed-forward controlによる limiting amplifier

Rslib3dsc01040・2009年にJA9RSさんが発表しているスピーチアンプをSDRのマイクアンプとして繋いで見ました。±15Vの電源を用いていますので20Vp-pの信号を扱えますがこれを2Vp-pに押さえ込むことができます。10倍ですから電圧比で20dBです。SDRはALCは使えませんので、オーバードライブを防ぐ方法としてAF制限増幅器をつけることが多いと思います。人間の喉加減でコントロールしていたのですが神経を使い疲れます。机上の調整はできましたが実運用での調整をして完成させたいと思っております。UCA202という安物のUSBオーデオに繋いでますが、RCA端子のINPUTは当然R,Lとあるわけです。何故かLに入れてRはGに落として使用しています。SDRのソフトはPowerSDR244です。

Softrockrsamprstt50x2・無線再開から2年なんだかわかんないで夢中でここまできました。先輩のみなさんに聞きまくりの毎日でしたが、なんとなく目で見て確認できる環境ができつつあります。
50Wx2=100W出力、外部からのTT入力 TS-520 S2001Ax2ノーマルで30dB弱のIMDです。

|

« 3.5MHz 竹ざお | トップページ | 水平器と針金を締める道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3.5MHz 竹ざお | トップページ | 水平器と針金を締める道具 »