« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014/09/29

モグラを撃退

Niwadsc01204・秋野菜は順調に育ってきたと思ったが、思わぬ敵が出現!!モグラである。畑中を荒らしまわっている。モグラ取りを買いにショップに行く。なんかあまり良いものが見つからない。モグラ音波撃退器なるものがあった。ものはためしと買ってみた。直径36mの範囲のモグラを撃退できると書いてある。早速 取り扱い説明書に従い設置した。次の日の朝、見ると確かにあらされている様子は無い。電池は3ヶ月もつとあるのでしばらく様子見である。

| | コメント (0)

2014/09/28

沢山のご老人サイクリスト

Tohdsc01209・1年くらい羽生道の駅に行かなかったと思う。東北高速をくぐる道が河川敷に変更されていた。堤防強化工事中だからそこここと景色が変わってしまう。道の駅に着くと、「あゝ上野駅」という昔の歌が流れている、なんかなと思ったらこの曲の作詞者・関口義明さんという人がこの近辺の人らしい。それで観光協会が記念碑を作り音楽が流れていたのだ。隣にある「会の川」の締め切り跡の記念碑より大きい碑だ。

さわやかな日だったので、沢山のご老人サイクリストがいました。皆さんスバラシイ自転車とサイクルウエアをつけて、10歳くらい若く見える人ばかりです。自分も老自転車乗りなんですがサイクルパンツははいてますが、上着は普段着です。かえって目だってしまうのではと思いました。まあ気にする年でもないのでどうでもよい事にする。
今日の走行は往復約50Kmでした。10kg痩せるのは大変だ!!

・本日の収穫:4号鉄橋の下をズルして走ってしまった。ずいぶんショートパスでした。

| | コメント (0)

2014/09/23

田圃の藁

Yakidsc01203・田圃の藁を燃やしてはいけません、ということになってます。その理由の1つが近隣人家に対する煙害です。この田圃は東風、北風のときはほぼ問題ありません。すこし燃やして風向きを確認する、南風少々でうまくない。しばらく待つと東風に変わってきたチャンスとばかりに一斉に点けて燃やしてしまいました。風が無ければよさそうだが、ないと燃え広がらないのだ。

| | コメント (0)

2014/09/22

熊沢 蕃山の墓

Banzdsc01176Banzdsc01177昨日の散策の続き

・江戸時代初期の陽明学者・熊沢 蕃山(くまざわ ばんざん)の墓である。これは史実に基づいて本当のようです。
茨城県古河市大堤にある鮭延寺は綺麗なお寺さんです。4号国道沿いですので簡単に見つかります。以外と近隣にも歴史が刻まれた場所があることに気づきました。

| | コメント (0)

2014/09/21

静御前の墓

Sizdsc01169Sizdsc01173Sizdsc01170天気が良いので出かけました。
・静御前が義経についていこうか戻ろうか思案した、思案橋である。こんなきれいに整備されてない時しか知らないのでびっくり。場所は古河市(旧総和町)トモエ牛乳の近くです。
Sizdsc01179Sizdsc01180Sizdsc01185・こちらは栗橋駅前にある静御前の墓である。思案橋から10kmと離れてない距離である。記述とぴったりだが、どうも墓は何箇所もあるようだ。9月15日に法要が行われたようです。

| | コメント (0)

2014/09/12

14MHz-ダブレットアンテナ

14ant1 ・QSO中に何人かの方に聞いたダブレットアンテナに別の周波数のアンテナを沿わせて直流的?接続を行わはないアンテナの実験をして見ました。
7MHzのアンテナにポリカーボの穴あき板を通して14MHzに同調するφ2のアルミ線をぶら下げました。両端を折り曲げ調整して長さ10.07mとした時の特性を図に示します。直接給電しなくても働くようです。まだ電波を出してませんが飛びは?です。たかだか10mHの高さのダブレットですからあまり期待はしてませんが、特性を見る限り遊びには使えそうです。
やはり少し周波数が高くなるとエレメント調整もクリチカルになります。アルミは接続が面倒なので長めにして端を折り曲げて調整しました。
715ant
・元の7MHzが影響を受けてないか見てみました。この程度なら気にしない。

・この後14MHzでFlex-1500+TS-520を使いJA8の局と交信できました。59+15dBのレポートでまあまあなのかなと思ってます。アンテナいじりは面白いですね。最もハムらしい遊びと思います。

| | コメント (0)

2014/09/11

VNWA-爺さんの失敗談

・さからってもしょうがないことですが年は取りたくないですね。
3.5MHzの竹竿アンテナを直したので状態を見ようとVNWAなるものをつないだが、デタラメな表示をしている。
VNWAはプロの使うものからすれば、おもちゃだがいちおうネットアナである。キャリブレーションをとろうと思ってはじめたが忘れてしまって思い出すのに四苦八苦。オーデオのリフレクトの波形がでない、みんな忘れてしまったのです。これはTX-RX間をつないでないのに割りと短時間で気ずきました。

1H近く格闘の末、原因が解かりました。普通TX-OUTにShort・Open・50ΩLoadと順につないで校正、次にTX-RX間をオープン・ショートしたりして伝達特性のキャリブレーションやる。ところが7MHzアンテナの特性を見た後で7-7.2MHzの200KHzスパンになっていたのでこの間しか校正されなかったのです。
スパン-スタート・ストップを0.1-500MHzに設定しなおして校正をやり直しました。これで正常に3.5MHzのアンテナ特性が計れました。
ということで、老いぼれ爺さんの失敗談でした。こんな失敗をしょっちゅうやらかしてます。
35ant
・竹竿とっかえて高さが変わったのかな、SWRが上がっちゃいました。
最近ズボラになってこの程度では再調整はしません。

| | コメント (0)

2014/09/10

SoftRock-いろいろ-1

Srdsc01119・PowerSDRで画面の左側にある音量調整AFのスライダーは普通に設定すると使えません。SoftRock-Rxで写真のような接続をするとAFのスライダーが有効になります。VACはOffでも音が出る状態です。こうすると当然ですがMOXの下にあるMUTが効きスピーカーを黙らせることができます。
試してませんがSoftRock RXTX Ensemble Transceiver でもAudioボードのOUTがあまっていてスピーカーをつなげば同様になると思います。コンピューターのAudio関係は全く解かりませんでしたがSDRで必要に迫られいじりまわしているうち多少使えるようになりました。ただど素人ですから原理やソフトの振る舞いは全く解かりません。

| | コメント (0)

2014/09/08

時代の変化

Undsc01070・土曜日に中学校の運動会に少し顔をだしてきました。結構家族が来ていて驚きました。我々の時代は確か親や家族はあまり顔を出すことはなかったと思う。いいことだと思うが時代の変化を感じました。

| | コメント (0)

2014/09/04

3~4日後には新米が食えそう

Hydsc01061Hydsc01065・昨日は久しぶりに1日百姓でした。庭の野菜畑も秋冬仕様になりました。
・しばらく自転車も乗ってないので運動不足ぎみです。ギンギラギンでもなく涼しそうなので、出かけることにした。
新4号線の側道を下っていくと、道路工事中の標識があり若いあんちゃんが交通整理をしている。迂回路の表示も無いし、「どこ通るのか」と聞くと、戻ってくれという。ルンルン気分も吹き飛んでぶち切れて、ついに「バカヤロー」と言ってしまう。いや良く教育されてますね、「すいません、すいません」とひたすら頭を下げてました。

そんなわけで約40kmのお散歩が終わって帰ると、田圃がごらんのとうり刈り取られてました。隣の田圃を耕作している人に、同じ日に刈っといてといってあったのです。ちゃんと少し藁を粉砕しないで取ってくれました。3~4日後には新米が食えそうです。

| | コメント (0)

2014/09/02

SoftRock-いろいろ

Srdsc01049Srdsc01050・マイクミュート等くっつけて完成度を上げました。OM方々のやられている技術を導入キャリアサプレッションも調整できるようツマミを箱の外に出しました。
ほぼTS-520出力100Wまで完成です。3KHz内の音がいい悪いは除きます。
後、残りはリニアアンプをつけて所定のハイパワー出力でオーバードライブしないようにレベル制限をすることです。
TS-520 100Wで調整し、アンプにつないで500W程度出そうとすると、ドライブが多すぎスプラッターが出て怒られます。どこかで調整してやればいいことなのですが、めんどうくさい!TS-520とリニアの間にATT入れれば簡単だがATTのパワーが!!
もっともローカルQSOしかしませんのでリニアはあまり使いません。

・Skypeでも同じマイクシステムを使ってますので、マイクミュートを付けたらSkypeで音が入らない当然ですがリミテングアンプのスタンバイプラグを抜いて、Gに落としたRCAプラグを挿して使ってます。これも面倒だ!、いろいろありますね。

| | コメント (0)

2014/09/01

水平器と針金を締める道具

35dsc01047・先日3.5MHzの竹ざおアンテナを上げた時に、やっと水平器と針金を締める道具を手に入れました。高い鉄塔を使っている人に比べたらささやかな出費ですがやはり道具は必要ですね。という事を痛切に感じました。この写真は真中の支えですが両端は中心に対して、やや外向きにとかできますので竹竿アンテナも若干進化しました。ただ自然の竹は曲がってますので柱をきちっと垂直にしてもあまり意味の無いことも多いのですが、だらしなく適当にやるより、若干気分が良いです。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »