« SoftRock-いろいろ-1 | トップページ | 14MHz-ダブレットアンテナ »

2014/09/11

VNWA-爺さんの失敗談

・さからってもしょうがないことですが年は取りたくないですね。
3.5MHzの竹竿アンテナを直したので状態を見ようとVNWAなるものをつないだが、デタラメな表示をしている。
VNWAはプロの使うものからすれば、おもちゃだがいちおうネットアナである。キャリブレーションをとろうと思ってはじめたが忘れてしまって思い出すのに四苦八苦。オーデオのリフレクトの波形がでない、みんな忘れてしまったのです。これはTX-RX間をつないでないのに割りと短時間で気ずきました。

1H近く格闘の末、原因が解かりました。普通TX-OUTにShort・Open・50ΩLoadと順につないで校正、次にTX-RX間をオープン・ショートしたりして伝達特性のキャリブレーションやる。ところが7MHzアンテナの特性を見た後で7-7.2MHzの200KHzスパンになっていたのでこの間しか校正されなかったのです。
スパン-スタート・ストップを0.1-500MHzに設定しなおして校正をやり直しました。これで正常に3.5MHzのアンテナ特性が計れました。
ということで、老いぼれ爺さんの失敗談でした。こんな失敗をしょっちゅうやらかしてます。
35ant
・竹竿とっかえて高さが変わったのかな、SWRが上がっちゃいました。
最近ズボラになってこの程度では再調整はしません。

|

« SoftRock-いろいろ-1 | トップページ | 14MHz-ダブレットアンテナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SoftRock-いろいろ-1 | トップページ | 14MHz-ダブレットアンテナ »