« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/31

SDRは最新ではない

Pv・このブログで12月に何が見られたかという順位です。SDRが結構な数のようです。QSOすると「SDRですか最新ですね」とかいわれることがありますが、これはその人の興味、温度差の問題だと思ってます。それとPCが嫌いかどうかもあると思います。
SDRを触らない理由は、普通の無線機に比べPCがからんでいてスイッチポンでなかなか動かない、というのが大きな問題だと思う。それとメカニック好きの人、丸いダイアルを回さないと無線やってる気分にならないという人も多いと思う。こういう人にとってはSDRなんてカス(失礼)なのだ。
私もどうしょうもないくらいメカ好きだったが、結構SDRを楽しんでいる。なんでかなと考えて見る、、無線を再開するとき信号を、電波を、目で見たいと思っていた。昔はオシロだのスペアナなんてのは、あったかも知らんが水飲百姓の素人には手が出ない、SDRなんて影も無かったのだ!。ところが時代が変わった今、安いSDRですごい波形が見えちゃう、現れちゃうと、お、、と虜になってしまうのだ。それもちょっと前の高級機よりすごい解像度で出ちゃうのだ。だから、自分の電波が(音質等も含めて)かなり正確にモニターできてしまうのだ。これは私のような浦島太郎にとってなにより嬉しかった。音が遅れて出ますが録音機能が優れていて後で再生すれば十分なのだ。
今後いつまで楽しめるか解かりませんが、こんな理由で今年の5月より楽しく遊ばして頂きました。それとSoftRockの出力歪の小さいことも私をひきつけました。送信機では元の信号より歪が少なくなることは基本的にはありませんから!。
今年も駄文にお付き合いいただき大変ありがとうございました。皆様、良いお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2014/12/29

今年最後の仕打ち-YTDownloader

・PC Windows7をいじっているうち何処からかYTDownloaderなるウイルスが入り込んでしまった。hao123という中国の検索サイトも同時に入り込んで、めちゃくちゃになりました。ご丁寧にアンインストールメニューまでインストールされます。これは触りませんでしたがクリックするともっとひどいことが起こるのでしょう。
Jpg
・こういうハチャメチャなウイルスが入ったらあまり考えずに、落ち着いてシステムの復元で前の正常なときの状態にもどしてしまうのがいいようです。最近の更新した日付けが入ったファイルが選択できますので、この月日の頃は正常だったなとおもうものを選択して復元します。

・正常に動いている時に自分のために書いときます。
順序として スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒システムの復元です。解決例をGoogle検索しようにもブラウザーが上手く動かないようなときもあり困ったもんです。

| | コメント (0)

2014/12/26

Rubidium発信器

Rdsc02068ですがドリルやヤスリが散らばっている間に箱を作って入れておくことにした。「ぼけじいさん」になり、箱に入れないと部品がどっかへ行ってしまうのです。安定に10MHzが出るまでに30分ぐらいかかるようです。私の持っているカウンターは0.1Hzまでしか計れません。へたにいじらないほうが良さそうですのでそっとしておきます。スペアナにつないで波形を見るときは50Ωのダミーは外したほうがよさそうです。まだLOCKのLEDはつないでありません。
箱が熱くなるので冬は良いが夏はいやですね。動くことが解かったのでお蔵入りです。

| | コメント (0)

2014/12/25

こんなことありか???SoftRock

  • Caria35mhzCaria7mhzCarriadsc02071・キャリアサプレッションが不安定なのであちこちいじっているうちにケースの穴が小さくφ3.5mジャックが当たっていることを発見する。ケースを叩くとキャリアがピッと飛び上がるのだ。穴をでかくした、そうしたら図のような信じられない(良くなったのだが)ような状況になった。3.5MHzと7MHzでキャリアサプレッションがずれなくなっていた。こんなことありか???信じられん!!また時間をおいて見てみよう。
    「carrier_null.jpg」をダウンロード
    ==>修正「softrock_rxtx_ensamble_carrier_suppression.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2014/12/24

RS-LB3スルーホール両面基板-1

Lb3dsc02029・Two Toneの基板(JA1CCAさんに分けていただいたもの)を下蓋に取り付けてSWで切り替えて使えるようにして見ました。まだ完璧に調整されてませんが、ノイズゲート、ハイパスフィルター、ツートーン発信器と一通りくっついたマイク制限増幅器ができました。参考に私の作った箱の図面を示します。,XPS形式ですので印刷を「きれい」に設定すれば原寸に近い紙が得られると思います。

「RS-LB3-1.xps」をダウンロード
「RS-LB3-2.xps」をダウンロード
「RS-LB3-3.xps」をダウンロード

Lib3dsc02060Lib3dsc02061Lib3dsc02059・早速ツートーン出して見ました。ダミーロードで500Wx2の出力ですが、、なんじゃこれは、、なんかの間違いかも!!
PowerSDRのTwo Tone Testでもほぼ同じような表示をします。なんかキツネに化かされたのかな??

| | コメント (0)

2014/12/17

鳥がきてコケコッコー

Nedsc01693Nedsc01905・最近毎朝どこかのネコが玄関前の木の下で「かみさん」を待ってます。なんだか食べ残りを捨てるのを待っているらしい。ある朝食べ残りが無いとき、カツオ節をかけたご飯をあげたら食べなかったと怒っていた。ネコも贅沢になってまずいものは見向きもしないようだ。先日は鳥がきてコケコッコーである。
・犬の散歩は私ですが飯は「かみさん」が当番です。最初夕方に犬の餌をやっていたのですが、朝ほえるからと7:00ころ与えてました。だんだん早くなり6:00、、5:30、、、、今は5:00になると吼えてます。私が「怒鳴る」としばらく吼えるのをやめます。動物は素直に餌を与える人に寄って来るようです。

| | コメント (0)

2014/12/15

RS-LB3スルーホール両面基板

Lib3img_2Lib3dsc01940・RS-LB3のスルーホール両面基板(100x100x1.6)をJA1PHJ中村OMが作成しました。何回かの試作を経てますので完成度は高く約1日で組み上がり即使用できました。表面実装部品を使わない「おじさん仕様」ですので作りやすいです。
基本的にはJA9RSさん発表の回路ですが音声出力でメーターが振れる回路を付加してあります。ケース後側にリミテング開始を見る1mAメーターの端子が出してあります。
内部配線の取り回し等まだ綺麗に整理してませんがとりあえず写真を載せます。基板を見ていただくとわかりますが電源は外部供給です。私は秋月の最も小さい片面ユニバーサル基板 Dタイプ(47x36mm)1枚\40-に7815、7915の3端子をつけて作りました。ケースはタカチのMB-5 (120x75x175)¥1000-に入れてみました。メーターをつけたものでは最小になると思ってます。
Lib3dsc01948Lib3dsc01936・SDRでの使用を意識してます、スタンバイ時にマイク入力をカットするデレーを使ってます。Skypeではこのスタンバイ回路入力を短絡しないと音声が出ませんのでスイッチをつけてます。これでSDRもSkypeも同じ入力で使えます。スタンバイデレーの時定数はオリジナル回路ではC4.7μFとなってますが私の場合0.5μFに変えて音声の出るまでの時間を短くしてます。
マイク入力回路がバランス型になってますので格調高くXLRコネクターをつけてあります。小さなサイズのツートーンジェネレーターを主基板の反対側の面に取り付ける予定でスイッチも付けてあります。
本基板の配布に関してはJA1PHJのHPを見てください。基板上につける部品の配布も考えているようですのでお問い合わせください。

| | コメント (0)

2014/12/07

出力波形

Ts520softrocktt100mwx2・キャリアサプレッションもそこそこになったのでIMDを見た。元のTTはPowerSDRで出しているので良い事にした。SoftRock RXTX Ensemble Transceiver Kit $89.00 から出している100mWは切替器の漏れを拾って見ている。

Ts520softrocktt50wx2・上記信号をTS-520S(S2001Ax2 100W pep)で増幅したANT出力信号で負荷はダミーロードです。
モニター受信機はSoftRock RX Ensemble II Receiver $67.00です。


Tl922tt500wx2ts520softrock・さらにTL-922(3-500Zx2)で1Kw pepに上げた信号である。負荷はダミーロードです。1Kwはめったに出しませんがTESTです。モニター信号はRFカップラーで取り出し-100dBのレベルに落として受信機に入れてます。各セクションで特別な手を加えているわけではありません、普通に調整した状態です。1Kwで-40dBが目標なんですが普通に調整しただけではこの程度が精一杯です。

| | コメント (0)

2014/12/05

HDSDR-PTT

Hdsdrptt1・以前にPSDRでPTTを外部SWで行うようにした。HDSDRもRS232C DB9の8Pin(CTS)と4Pin間を同じようにつなげば送信状態になる、、わけだがうまく設定できない。Port、Baudrate,PTT Activation pinsをそれぞれ選択してActivatedをクリックすると、先にPort、Baudrateを選択しろと出て設定できない。なんでかなーー、となりました。
Hdsdrpttdsc01844PortはCOM3しか出てこないのでそのままにしておいたのがいけなかったのです。COM3をクリックして●をつけないとダメだったのです。それからActivatedをクリックするとOKとなりました。4Pinがcommonで6PinがPowerSDR、8PinがHDSDRと切り替えSWで変えてやればよいだけです。いやボケじいさん何をやっても引っかかる。
HDSDRはキャリアサプレッションが-Sdrptt_250dB以下程度にならないと使えないと思ってます。

・ウィキメディアのデータを使って注記してます。




Kdsc01837・原因が判明して気晴らしにお散歩、古利根のカモが優雅に遊んでました。

| | コメント (0)

2014/12/04

大根食べきれません

Ddsc01824Ddsc01827・大根を100本近く作ってしまったのですが、どんどん太くなり困りました。ただ中がすいてきません。煮てもうまいのですが、さすが食べきれません。




| | コメント (2)

2014/12/03

ぼけなす

Rudsc01807・だいぶ前だがeBayでEfratom LPRO-101 Rubidium Frequency Standardなるものを手に入れてあった。GPSを再稼動させたついでにRubidium発信器も動かしてみた。たしか24Vをつなげばよいと思っていた。ところがどっこい10MHzにロックしないのだ。オシロ、スペアナで出力波形を見ても異常は見つけられない。しかしカウンターで出力信号をみるとふらふら動いているのだ。なんでかなーー?? Rudsc01808良くマニアルを見るとOutput Level .55 Vrms ±.05 Vrms into 50 Ωとある。開放の波形は2.3Vppくらいである。50Ω負荷をつないで見るとちゃんと1.6Vpp(0.55x2√2=1.56)出るのだ。これでしばらくほっておいたらGPSの10MHz基準クロックを入れたカウンターが10,000,000.0Hzを示して止まった。
要は使い方が悪かったのだ。こりゃ壊れてしまったダメかと思ったが良かった。
マニアルのMTBFを見ると20~30年は稼動可能のようだ。多分おれの寿命よりもつだろう。
MTBF: Per Telcordia GR-63-CORE Issue 1, (Ground Fixed, Controlled)
Amb. Temp: 20°C   25°C   30°C   40°C   50°C   60°C
MTBF (hrs) 381,000 351,000 320,000 253,000 189,000 134,000
そのうちかっこいい箱にでも入れてみようと思う。そんなもの何につかうの?、、何も使わない!!眺めて自己満足だけ! これ随分と熱くなる、電流を測ると30Wくらい消費している。年金生活者がずーぅと入れとくもんじゃないな。

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »