« 枯れた松にかかる雪 | トップページ | スロープをつける »

2015/02/02

鳴門金時を焼く

Narutodsc02231_2 ・鳴門金時が売っていたのでなんとなく買ってきた。焼いてみようという気になる。はて何で焼くか?、ネットで調べて見た。電子レンジで短時間でうまく焼けるという記事があるのでやって見た。
・新聞紙でくるんで台に乗せて600Wで1分半->200Wで15分と書いてあったのでそのとおりやって見た。細い部分はほかほかに焼けてた。太い部分で台に乗せた下側が生焼けで硬い。ひっくり返して200Wで10分ほどやったらなんとか食べられた。試行錯誤で何回かやってこつを掴む必要がありそうだ。電子レンジですから焦げ目ができないがなんとかなりそうだ。オーブンだと1時間かかかるようだから、うまくいけばこっちの方が早くできる。
この鳴門金時は海砂の畑で栽培するのを遍路のとき見てきた。高いけど栽培も大変のようだ。

・最終結果
①さつま芋を水で濡らして新聞紙でくるむ。
②600Wで1分40秒
③200Wで20分
④さつま芋を上下反転させて10分

|

« 枯れた松にかかる雪 | トップページ | スロープをつける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枯れた松にかかる雪 | トップページ | スロープをつける »