« 鈴木貫太郎記念館 | トップページ | 10移行後の細かな問題 »

2015/08/22

Snipping Toolってのが

S9_2 ・久しぶりにWindows10製品版でPowerSDRを動かしてみました。なんだか相手の信号が異常に強い表示をしているので校正してみました。SGからキャリアだけを出すとSSBモードでは1~2KHz離調しないとメーターは振れません。-73dBmの信号でレベルキャリブレーションをとるとちゃんとS9を指します。耳Sなんて言葉があるくらいで気にするほどのものでは無いんですがいちおうやってみました。PCの録音ライン入力レベルを変えると変わっちゃいますが、まあいつも100%にするということにしてます。プリアンプを入れるとSが変わる、なんてこと無いのがUSAの機械のようです。このソフトはあちら製ですからいつもアンテナのところの信号をみているようです。
この画面をいつもどうりPrtScでとるつもりで押したが撮れないのであります。前にSnipping Toolってのがあったと記憶してたので、これを使いました。なんだか慣れるまでは何をやっても支えます。ブログを書くのには結構スクリーンキャプチャーを使いますのでそのうち簡単なのを調べておかないと!!

|

« 鈴木貫太郎記念館 | トップページ | 10移行後の細かな問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴木貫太郎記念館 | トップページ | 10移行後の細かな問題 »