« RS232Cー基本は守らないと | トップページ | 長雨 »

2015/09/08

TNF(Tracking Notch Filter)について

・TNF(Tracking Notch Filter)についてはあまり知ろうとはしなかった。なぜならば殆どの故意のキャリアをかける妨害にはANF(Automatic Noise Filter)で十分対応できたからである。急に思い出してTNFの使い方を勉強してみました。HDSDRの(Notch Filter)は直観的でわかりやすいがPowerSDRのTNFはちょっと面倒だ。まづはやってみた。

・削除したいトンガリが2つの場合の操作
Tnf0_3
,
,
,
,
Tnf1_3
1、TNFをクリックする->ボタンが黄色に変わる。
,
,
,
Tnf2_3
2、+TNFを右クリックする、と帯域の中央に細い黄色の帯がでる
3、その帯をドラックする。ドラックしている間は拡大表示される。マウスを上下に動かすとノッチ幅が変化する。左右に動かすと位置(周波数)が変わるので任意にノッチ状態を設定する。
,
Tnf5_2
4、もう一つのトンガリを消すためマウスの右ボタンを押してから受信帯域の左(LSBの場合)をドラックして帯域を少し広げる。これは次のノイズを消すため+TNFを押してノッチ位置が前と重ならないようにするためです。
5、前と同じように+TNFをクリック。
6、前述の3を同様に操作する。これでピーピーは聞こえなくなる。
Tnf7
7,ノッチを外すときは該当位置にマウスを持っていき右クリックしてポップアップメニューの一番上のDeleteを選ぶ。なんか面倒かな、、、慣れればどうってことないと思うが!!
・我が国語で説明しているのが無いか検索したが見つからなったので忘れないように記録する。

|

« RS232Cー基本は守らないと | トップページ | 長雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RS232Cー基本は守らないと | トップページ | 長雨 »