« Stuttgart-22 | トップページ | Konstanz-24 »

2016/08/25

Stuttgart-23-Tubingen

・今日はマイナーなお城であるホーエンツォレルン城に行く予定でDBで切符まで買ったのですが、止めてベンツ博物館を見て子供家族のいるKonstanzに向かうことにした。ところが地下鉄の駅に行くと入口は大変なひとだかり、ホームへの入場を止めているのです。まあタクシーで行けばいいんでしょうが嫌気がさして止めて、Tubingenという駅までの切符を買いに行く。
Stattgart23dsc06891・この写真の様にホームに自転車を入れている風景は日本と比べると異様に感じます。これがスポーツ車の若者だったらまだしも一般の人がこんな感覚で自転車と電車を利用しているのです。もちろん電車内も自転車を置くスペースがあるのです。

・Tubingenに着いて、ここからバスでKonstanzに向かうのですが時間があるので町を散策する。ここは田舎町という雰囲気のところですが、駅前に水路がありそこに木(プラタナスの大木)が植えてあり日陰にもなり休息にはもってこいの場所です。
Suttatgart23dsc06902 Suttatgart23dsc06906_3・橋に綺麗な花がいっぱいくっついてます。なんだか人もぞろぞろ歩いてます。小川にはドイツ版 潮来船頭さんが船を漕いでいました。

・時間が来たのでバス停に戻る。バスはFLiXBUSというものでネットで予約しておきました。予約はもちろんカードで支払いを行います。するとメールの添付ファイルでQRコード付きの乗車券が送られてきます。プリンターが無いのでUSBメモリーにこのデータを入れてホテルのフロントに行って印刷してくれと頼むと、貴方スマホかタブレットを持ってないかと聞かれる、タブレットPCはあるというと今持って来いという.pdfファイルの乗車券を読み出す。このマークを運転手が読み取るだけで乗せてくれるという。
Tubingendsc06898 ・確かにバスの運ちゃんはスマホをもってました。これで読み取り乗せてくれました。やはりITが市民生活に密着しているんだなと感心しました。私の後に乗った年寄り夫婦は紙に印刷した乗車券で乗ってました。
 このバスで2時間でドイツ南端ボーデン湖の町Konstanzに着きました。目の前がスイス国境です。

|

« Stuttgart-22 | トップページ | Konstanz-24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Stuttgart-22 | トップページ | Konstanz-24 »