« 隠れ屋もすこし高速化を | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-2 »

2016/10/10

IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験

Ic7300rsba11_2

Ic7300rsba10_2Ic7300rsba12_2 ・これは遠隔操作クライアントの運用時画面です。無線LANでつないでますが、人の往来があるとFTTH往復時間が極端に多くなります。普段は1~5msecなのですが人が通ると100msec以上になります。すると受信音が途切れてしまいます。

・前に(2月頃)に別の目的で購入したRS-BA1をIC-7300につないで宅内遠隔操作の実験を始めました。マニアルに沿って設定をするわけですが、これが国語力の無い私には難儀です。割と早くコントロールはできましたが、受信音が割れてよく聞こえないのだ。どこか見間違っているのか2日程見直しましたがわかりませんでした。この仕組みは全部1本のUSBケーブル接続で行っている(制御・受信音。送信音)。前にomni-rigの設定の時に、このケーブルに回り込みがありコアを巻き付けたことを思い出した。
 もしかと思い、IC-7300のリセットをかけてみた。最初はパーシャルリセットをかけましたがダメでした。次にオールリセットをかける、、すると遠隔操作クライアントから綺麗な受信音が出てきました。なんだかよくわかりませんが、どこかの設定パラメータが書き換わっていたのでしょうか?、あっ、、それから送信の時のPoの表示がスタンバイしてSSBで音声を入れてないのに50%付近を指してます。これが大きな周波数文字の画面だけで、ほかの画面のメーターは正常で音声を入れないときは”0”です。これも設定パラメータの破損でしょう。オールリセットで正常に戻りました。なんだか分らなくなったらオールリセットですか!!
なぜか送信動作(変調と書いてある)は最初から問題ありませんでした。音質等の改善はこれからです。
 6月頃SDカードにセーブした設定データを読み込むとまた、受信音が割れて聞こえない前の状態に戻ってしまいました。仕方ないのでまたオールリセットをかける、そして設定は手入力でやり直しとなりました。売ってるソフトだから簡単にできる、出来て当たり前だ、と思っていたが簡単にはいきませんでした。
Ic7300rsba1sv0・これはサーバー側の運用時の画面です。クライアントから接続要求がくるとビジー状態になりクライアントのコンピューター名:とローカルIPアドレスを表示します。
 うまくいったら忘れないよう纏めるつもりです。私の場合、別宅や車からのアクセスはやる予定はないのですが、技術的興味から宅内が終わったらインターネット経由もテストしたいと思ってます。このテスト環境はWindows10 Pro 64bit Ver.1607 PCハードはNotePC サーバーはLenovo T420、遠隔操作クライアントは「T410」と「HP Z420 Workstation」です。

|

« 隠れ屋もすこし高速化を | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠れ屋もすこし高速化を | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-2 »