« やはりヘッドセットが向いている | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-5 »

2016/11/01

Windows10クリーンインストール HP Z420

Clean_installdsc07707_2 ・7月頃windows10にUpdateしたとき作っておいたWindows10クリーンインストール用DVD(.iso)を使ってHP Z420のWindows7 500GB HDDのデータ用パーテション170GBにWindows10を初めてクリーンインストールする。ポイントはWindows7を動かしておいてWindows10クリーンインストール用DVD(.iso)を入れて、再起動することだ。すると普通はDVDを読みにいく。インストールが進んで絵の画面で「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択する。するとこの先でインストールするパーテションを聞いてくるので指定できる。普通はこのパーテションは起動できるプライマリー属性のものを選ぶ。あとは普通にインストールが進む。最後Windows10が立ち上がるがディスプレイドライバーがVGAのため汚い画 面が出る。しかしすぐにupdateがかかり正しいドライバーをインストールしてくれる。クリーンインストールだとドライバーが!!と心配する必要はないようだ。
Clean_installdsc07710・最後にこんなブート選択画面を作ってくれる。今回はたまたま適当な容量の空きパーテションがあったのでそこを使ったが、ない場合は各々のデスクエリアを縮小させて未割当エリアを作って導入パーテションを作らなければならない。1TBのHDDを買ったので環境ができたら、障害が起こった時の交換用にクローンを作成するつもりである。少しの出費は必要だが、安心感は抜群である。今の容量だと250GBのSSDで十分はいってしまうので、買いたい気分になるが、グット我慢である。それからOSのライセンス認証はプロダクトIDとか入れる必要は全くない。
Clean_installcpu_2・あまり気にしてなかったのですがこのXeon CPU E5-1620 0は8スレッドなので0~7の8つのCPUのグラフが表示されます。

|

« やはりヘッドセットが向いている | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはりヘッドセットが向いている | トップページ | IC-7300+RS-BA1で宅内遠隔操作の実験-5 »