« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/31

来年は平和で穏やかな世の中に

・このブログを書き始めたのは2005年10月だからもう11年書いていたことになる。よくも続いたものだ。最初に書いたのがJRCのNRD-72というプロ用受信機の修理の話で、なんとなくJRC Radioというブログ名にしてしまった。一時は毎日更新していたが最近は月数回の時もある。特に意識して書いてるわけではないが無線のことが多い。最近は安全な外部記憶として利用している。
 今年は例年になくいろんなことがあった。したがって忙しい時もあった。今年のクリスマスで70歳になった。うちの近所でも正月飾りを作って飾る家は私のとこだけだと思う。今年は家の子と孫に飾りを作るんで手伝ってくれといったが、断られた。周りの大人も、こんなことやる人はいないのでまあ、当然の結果と受け止めた。せめて自分が生きてるうちは、正月飾りは作ろうと思っている。中学生のころからやってますので50年以上毎年やってきた。自分のうちの田圃でとれた藁で作っているのだが、刈り取ってすぐに家に持ち込まないといけない。雨がかかると藁の色が悪くなるのだ。天候の良い日に2日ほど外に出して乾燥させて保存する。なんでもそうだが、きれいな良いものを作るにはそれなりの手間がかかる。でも自分で作って飾ったものは格別である。
 来年はどんな年になるのか?アメリカの大統領選挙も予想を覆しトランプさんの当選となったKGBが関与したとか、なんだかわからない世の中になってきた。トランプさんMake America Great Again と叫んでましたが確か私が30年以上前に自動車の町デトロイト市内をバスで通った時すでにゴーストタウンと化してましたので、叫ぶ意味は分かります。もう他の国なんか考えていられない、自分の国がダメになっちゃうという悲痛の叫びなのであろう!!。また暴言王はObama 'You're Fired'とも言っています。こんな人が大統領にならなければならないほどアメリカは大変なのだと思う。
  韓国でも大統領の訴追決議とか激動の2016年だったが、来年は平和で穏やかな世の中になってほしいと思う。
我が家の正月飾りは井戸神様、恵比寿大黒様も加えてお飾りは9個作っている。去年は母親が亡くなったので正月飾りはやらなかった。
2016122

| | コメント (0)

2016/12/20

VNWA2.6-Windows10

Vnwa26dsc07998・またまた整理です、VNWA2.6は今となっては古いバージョンであり性能が良く使いやすい新しいものが出てます。でも年金暮らしにはちょっと高い!!のであります。SDRやRemoteをやるとPCのサウンドをいじくります。そうするとこの測定器は設定を「やり直さないと使えません。いつもイライラでありました。ということで、ちょっと前に買った1,000円PCを専用機とすることにしました。この機械ではSDRなどはやらないことにしました。音楽を聴く時は音量調整だけでサウンドは触らないということにした。古いけどWindows10で動きましたので安全な外部記憶装置に保存することにした。
アンテナもしばらくSWRなどというものは計っていなかったのですが、こんなにづれているとは??、それにしてもこのソフトはインストールもすごい、古いバージョンのハードでも最新のものでもインストーラーは1本である。なんか自動セットアップなんかもやっているみたいだ。私には使いこなせない測定器の1つだが、何時かはと思ってときどきいじくってます。なんせ測定器屋さんでこんなもの買うと「ウン百万」ですから!キャリブレーション用の(Open、オープン)、(Short、ショート) (Load、ロード、終端)、 (Through、スルー)の校正用キットはイギリスの発売元(Jan Verduynさん)よりいただいたものです。あまりに幼稚な質問をしたので送ってくれたのでしょう。

「vnwa26windows1016.pdf」をダウンロード

・恥ずかしながら私の周りのアンテナ
「VNWA26-ANT.pdf」をダウンロード DiamondのX5000というGPの特性は初めて見ました。1200MHzは校正が500MHzまでだったので今回はPassです。

| | コメント (0)

2016/12/12

外部記憶装置としてかなり安全に保管

Softrockpowersdr244・リニアアンプが無い間に、SoftRock+PowerSDR244の”まとめ”を作ることにした。最初は金属の箱に入れるつもりだったが、まな板ならぬベニア板-送信機となってしまった。下のべニア板に必要なものが乗っているので、ばらばらよりは多少ましかなと思う。要はソフト、OSも含めてまだ安定してないのである。ただ時間がたつといろいろ忘れてしまうのだ、ここに書いておくと外部記憶装置としてかなり安全に保管できるのである。
以下12/18日追加
・こんなことして遊んでいたら、Remote RS-BA1が動かなくなりました。勉強を兼ねて最初からやり直そうかと思ってます。サーバーから「COM/オーディオ エラー」が出てます。RS-BA1  Version 1.93  2016/12/13 とUpdateされているので何かなと思ったら、ソフトは変更無し、とありました。どうもあの難解なマニアルを読みやすく整理したようです。たぶんHelpも変更になるのかな?、難しい日本語だなと思ったのは私だけではなかったようです。なおしてもらって結構、結構コケコッコーであります、、

| | コメント (0)

2016/12/04

最初の目的はV/UのSSB

145fmsdrplayant_gp_10mh_5 433fmsdrplayant_gp_10mh_3・SDRplayはHFで使用してましたが、最初の目的はV/U のSSBを見たかった。


145ssbsdrplayant_gp_10mh_2
・433はSSBは少ないのか見えませんでした。145は何局か見えました。非常にきれいな波形の局と、かなり広がった波形の局と極端でした。TS-790というかなり古いRigがSSBでは周波数変動が多くQRHで、ひどいようなので、eBayで10.24MHzのTCXO(0.3ppm)を買って取り付けましたのでテストして1024dsc07931 1024dsc07925 みました。144で1局レポートをいただきました。RITを使わないでOKですとのことでした。特にV/Uに出ようというわけでは無いのですが、なんとなく気になっていたのでTCXO変えてみました。Made in Chainaですが問題ないようです。1200は出てる人が見つからないので止めました。V/UのSDRはもう古い話題なのでしょうが、HFにおいてSDRでSSB送受信を試してましたので、なんとなく新鮮です。

| | コメント (0)

2016/12/01

五感を働かせてやるアマチュア的修理

2000fdsc07894_2 2000fdsc07893_3 ・昨年夏に不調になったJRL-2000Fですが、Remoteを始めてアンテナ切り替えをしたくなり、ご老体にご登場願うことにした。私の手におえないので同じものを持っているJA7CHL-OMにご協力願いました。
状態はアンテナチューニングはできるがPA-ONでエキサイターからの出力を増幅できない(リニアアンプの機能がダメ)というものです。いろいろ解らない信号を追いかけていたのですが、CPUが入っていて、ここから出ている信号が想像の域でしかわかりません。PA-ONにしておくと、内部から何もしてないのにリレーの音がカチャカチャ聞こえてきます。どうも上カバーを開けて見えるリレーではなさそうです。下側に入っているリレーは幾つもありませんので、その信号を追いかけてみました。J403-10p K4に写真の様に針を刺すとリレーのカチャカチャ音が出なくなりました。このコネクターの接触不良のようです。こんな仮修理の状態で1局テストQSOができました。SSB、約300Wpepくらいを出してのQSOです。次にRTTYでダミーをつなぎ600W連続で出してみました。15分程度でA9エラーがでました。そんな大きな故障ではなさそうですがもう少し使いたいので点検を兼ねてJRCに依頼することにしました。来年2017-12月が修理受付期限のようです。

・あまりまじめに信号を追いかけるより、五感を働かせてやるアマチュア的修理の方が早く原因に到達できるようです。久しぶりに74HC08なんてICの信号を追いかけましたが疲れました!!
・その後コネクターの接触不良ではなく、コネクター基板スルーホールの半田不良と分かり8か所のコネクター全部のピンを基板裏から再半田付けを行う。それから電源OFF後再度ONする場合1分以上待ってからONする。これを怠りすぐに電源ONするとVD80V出力がフルパワーで70Vまで落ちてしまいます。正常な時はフルパワーでVD80Vが針1本以内の動きです。
Jrl2000fdsc07915 ということでほぼ完ぺきに機能回復して1KWの出力が出ました。一応最後の調整・再点検ということで予定どうり12/2日に、交通システム電機株式会社 技術センター内 日本無線株式会社 通信機器カスタマーサービスグループ宛て発送しました。
・目方は計ると33kg、25Kg以上はヤマト便になるらしい、じゃ高くなるんですねと聞くと、なぜか宅急便より安いんですとのこと¥1,480-でした。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »