« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017/01/29

IC-7300の13Pの多極コネクター

73002000fdsc08209 Ic7300pdsc08219 73002000fdsc08223

・IC-7300の13Pの多極コネクターにリニアのインターフェースコネクター7Pメス(ACC2)をつけたのですがケースを入れるのを忘れました。また半田を外してやり直すのが面倒なので、ごまかしてパッチンコアをくっつけちゃいました。FTC経由でJRC-2000Fの接続準備です。

| | コメント (0)

2017/01/28

こんな景色がみられました

Dsc08225_2・夕方、犬の散歩時に撮ったものです。3機の飛行機が飛ん出ましたが2機しか写ってませんね。今日は夕方無風状態だったので、こんな景色がみられました。毎日約40分散歩してます。ポケットに忍ばせたデジカメで変わる景色を撮ってます。

| | コメント (0)

2017/01/24

治している時間のほうが多い

Mc43dsc08206・TS-50に使っていた”おにぎりマイク”MC-43エレメントが壊れました。しばらく使ってなかったのですが、コネクターの半田不良かと思って調べてたが、エレメントでした。テスターで当たると導通なしでした。”おにぎりマイク”は口に近づけてしゃべるので寿命が短いのでしょうか。同じものでケーブルの無いものがありましたので取り替えました。今年は寒いので、その影響もありかな!中古品のボロばっかしなので、なんだかんだ良く壊れます。リグも減らさないとQSOしてるより治している時間のほうが多くなってしまいます。

 

| | コメント (0)

2017/01/23

JRL-2000Fが帰ってきた-2

Sdrunoomnihamlog2 Sdrunoomnihamlogdsc08202_2 ・リニアが戻る間、FTC+SDRuno(HDSDR、SDRconsol)+Hamlogのテストをしてます。Hamlog設定のタイマー・コマンド ”0”にしてから周波数飛びは起きなくなりました。よく説明を見るとICOMは周波数が変わると変わった周波数をHamlogに知らせてくるようです。Yaesu、Kenwoodは知らせてこないので一定間隔で聞きに行くようです。その間隔がタイマー・コマンドの数字のようです。こういうのは動いてしまうとあまり気にしませんし考えません。IC-7300のリニア接続用に13pのプラグとFTCのケーブルを作ってます。1から送受信機を作る能力はありませんので、こんな付加装置をつけて遊んでます。ほとんどがコンピューター遊びですね!!遊ばれないように頑張ろう。これいじり出したらRemoteより面白いのではまってます。これで動くとVSPEはいらなくなります。
Kimdsc08168 ・潜って半田のにおいばっかしでは健康に良くないので映画見たり、1年ぶりくらいで秋葉にも行ってきました。

Kimdsc08171_2

・ラジオ会館もあまり入る気しない、なんで天童よしみ??
千石も変わっちゃったみたい、通販主体になるのか?秋月もバーコードになり昔のイメージと大分違う!!


Kimdsc08177・例の事件のあった交差点も歩行者天国が復活してます、しかし昔の日通ビルの前には警察官が机を並べて座ってました。昼に”よどばし”前のビルにあるマックに入った、いっぱいの人、、でも頭の白い人は見当たらなかった!

| | コメント (0)

2017/01/15

JRL-2000Fが帰ってきた

Civdsc08095_3 ・JRL-2000Fが帰ってきた。運搬事故だと思いますが、メーターの片方が「森の石松」状態です。テストしましたが機能は完全に回復しました。FTCでコントロールしてますが、しばらく使ってなかったのでいろいろ忘れてしまいました。初めからやり直そうとマニアルを見て、FTCのパラメータを初期化しました。なぜかデフォルトがICOMになってましてリニアの種別JRL-2000FとCi-VCivdsc08085_2 Civdsc08086 のボーレートだけ見直しました。最初Tune後にPAがONにならなかったのですがこれもマニアルどうりONに戻りました。RTTYで快調に1KWピタッと出ます。
 さて周波数のトラッキングはできた、、でも今はOmni-rigでExciterのIC-756ProⅢを動かしている、またHamlogCivdsc08097 Civdsc08100 も、、、となると??でもCiーVのジャックは1つしかない。ICOMのCT-17は多数のリグをコントロールできると書いてありますが、私が欲しいのは逆で1つのリグに多数のCi-Vを使いたいのだ。ネットで調べてみるとJA4BUAさんのWebにありました。ダイオードによるCi-Vのワイヤードオア接続です。FTC<-->JRL-2000FのCi-Vを主ラインとしてhamlogとOmni-rigをワイヤードオア接続しました。ソフトのVSPEのほうが簡単かもしれませんが、USBシリアルインターフェースを持ってましたのでとりあえづやってみることにしました。約1日悪戦苦闘しました、、、動かない原因はIC-756ProⅢのCi-Vアドレスの違いでした。恥ずかしながら、6Eをなぜか間違えて5Eと入れて動かないというミスでした。これで数局QSOしたのですが、Hamlogを動かしているとき、アンプのPAがOFFになってしまう現象がでてきました。そう簡単にはいきまへん!!

・1/16日 ランプ交換のためJRCに発送する。機能は問題ないので一安心!

・1/17日 周波数がハムバンド以外に飛んだ!。Hamlogが影響しているか?Hamlogを外して運用。

・1/18日 Hamlogの設定を「hamlog.pdf」をダウンロード としテスト中



| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »