« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017/02/21

強風でアンテナ支柱折損

7mhz・今日は我が地は強風である、こんな風の日にはSWRはどう変化しているのか見てみようと思った。ところがびっくり、7.3MHz付近に共振点が移動している、
本当かいな?と思ってもう一度測定するが同じだ、外に出てアンテナを見ると片側の竹が折れてエレメントがぶら下がっている。今日は強風なので修理は止めることにした。竹は胴が割れると強度が下がり風でバキっと折れる。10本近く切り出して保存してあったので、明日にでも取り換えよう!!

221_223mh・22日修理完了したので、テストして23日データもとっておきました。国内はそこそこ飛んでいるようです。どうもクリエートのようなV型が良さそうですが簡単に張れるのでこれで遊んでます。

| | コメント (0)

2017/02/17

パンク タイヤが裂けてる!

Dsc08344_2・16日、飛び切りのブルースカイで無風なので喜び勇んで自転車を乗り出す、までは良かったがちょうど関宿城に差し掛かると、「プスー、、」という音とともに前輪がペチャンコになる。ベンチに自転車を持っていき修理である。まあ簡単なパンクだろうと手持ちのチューブを交換する。さてひとっ走りと走り出すと10mもいかないでまたパンク!!、よく見るとタイヤが裂けてチューブがはみ出しているのだ、そこにタイヤ補強の金網のようなものが切れて見える、これじゃ何回取り替えてもだめだ。
 今日、17日 自転車屋に行く、タイヤの側面をぶつけたのだろう、とのことだ。確かにいままでタイヤの山がなくなり交換することはあったが、破れたのは初めてだ。車と同じく側面は弱そうだ。タイヤ、チューブ、パンク修理キット、オイル、ハンドル用テープ、と買い込んだ。健康維持には金がかかる。

| | コメント (2)

2017/02/14

ロープを緩めてメンテナンス

D7mhzantsc08333・7MHzのDPアンテナの共振点が7.18MHzとなってしまったので10cm程エレメントを伸ばした。7.11MHzになった。7.1から上に出るのでもう少し高いほうが良いのだが、面倒なので再調整はやめた。
・点検した理由はもう一つ、写真のネジ部が鉄管に当たって風が吹くとガリガリとのノイズを出していたからだ。向きを鉄管と反対にして風が吹いたとき鉄管から離れるようにした。これで、送信、受信共少し静かになると思う。
・よく見ると送信時放電してたようで、白くなってました。毎日風が吹いてましたが、今日はほとんど風が無かったのでハシゴを電柱にかけて絡んだロープを緩めてメンテナンスを行う。

このケースはバランでしたが中のコイルは取り外して同軸ケーブル直結になっています。

| | コメント (0)

2017/02/12

近隣散策

Sannsakudsc08294_2
Sansakudsc08298
・我が部落の神社後も堤防に埋め立てられてしまいました。よく見ると堤防の勾配が緩やかになったことがわかります。
・利根川と江戸川の分岐点、閘門の空き地に建屋が作られてます、名前は分かりませんがトイレもあり休憩所として利用できそうです。
Sansakudsc08303_2 Sansakudsc08310_2 ・関宿城の梅もほころんできました。堤防はまだ冬色ですが春も近いことを感じさせます。
Sansakudsc08315 Sansakudsc08326・境町の長井土沼埋立地より日光連山を撮ったものです。
・大福田の正徳寺の取り壊しもあっという間に終わりました。この山門は残すのでしょうか?

| | コメント (0)

2017/02/08

SDRconsol V3

Sdrconsole_v30_2・SDRconsol V3は前から知っていたのですが、今日初めて使ってみました。まだ未完成のβ版のようですが、動きました。ハードはSDRplayです。Show frequencyのチェックを入れないと周波数がでません。これ見つけるのに時間を要しました。SDR#のような画面で最初あれー!と思いました。
Sdrconsole_v31
・送信の画面ですが、ANANをサポートしているようです。私の気に入っているExternal Rig(Omni-rig)はまだサポートしていないようです。


Sdrconsole_v32・受信はこれだけのハードがメニューにありますので、だいたい動くと思います。

Sdrconsol_v3rem ・TeamViewerでRemoteで見るとこんな感じでシンプルです。

| | コメント (0)

2017/02/03

「リニアアンプ」を室外に出せます

2000fip_camera・TenvisというIP Cameraをいたずらしてます。昨日セットしようとしたがうまくいかなかったので今日出直しチャレンジです。指定のURLからファイル一式をダウンロードしてマニアルをよく見て始めました。
昨日、何が間違っていたかですが、まずWindows10の設定で使用ブラウザをIEに設定してなかったのが大きな間違いでした。いつもはGoogle Chromeを使ってましたので、デフォルトブラウザーをIEにする。
 これで「、、、\TENVIS\4. 説明書\適用される IPROBOT3 & IP391W-HD」のpdfファイルを見ながらやりました、約15分くらいで上記のような画面が出てきました。
 やろうと思うことはほとんど出来るようです。解像度が1280 X 720ですので細かい字を見るのは難しそうですが、メーターの振れ具合とランプの付き具合程度は確認できます。これで「うるさいリニアアンプ」を室外に出せます。隣の部屋に置くわけですが、オペレーションデスクのパソコンで見えるのがベストです。
宅外から、犬、猫を見るとかの必要はありませんので安全面からも宅内LAN接続にしてます。Tenvis JPT3815W-HD インストール方法「tenvisblog.pdf」をダウンロード

Photo・夜の暗視映像


・設定後はGoogle Chromeでもアクセスできた。2017-2-4

| | コメント (0)

2017/02/02

SDRconsolライセンス-1/31日-期限切れ

Sdrradiopro_v23b2729_2 ・SDRconsolがライセンス期限が切れて動かなくなりました。
新しい「V2.3 Release build 2729」 をダウンロードしインストールする。
何が変わったのか、、、、よく見てみないと分んないですね!V3も出てますが送信ができるようになりANAN 10, 100に対応しているようです。
ああ、、External radioの下ののアイコンがいっぱいあるぞ!!
download stable Version 2.76 (February 02, 2017).
・JH1OJY 会田さんの情報でHDSDRもVer.Upしていることが分かり、こちらも久しぶりに更新しました。
2月はこんな時期なのでしょうか?

| | コメント (0)

2017/02/01

JRL-2000Fが帰ってきた-3

Omnirigdsc08256_2 Jrl2000fdsc08251_2Jrl2000fdsc08252_3・JRL-2000FにFTCをつけて、SDRplayでomni-rigを組みスペクトラムをみて、Hamlogを同期させるということをハードウエア接続でやってみました。

普通はVSPEとかソフト利用が多いと思いますがあえてチャレンジしてみました。
JRL-2000Fのチューニングだけが止まってしまい、うまく動きませんでした。よくわからないので単純にチューニングの時Hamlogとomni-rigのCI-Vを切り離して、チューニング終了後接続してみると問題なく動くことがわかりましたので、とりあえずスイッチをつけて手動でやることにしました。チューニングは一度やれば記憶してくれますので何回もやる必要がないのでいいかということにしました。接続図は「civ.pdf」をダウンロード です。

・一応500W x 2 =1000WのIMDを見てみました。
Jrl2000fdsc08236約40dB弱というところでしょうか、入力は約36Wです。真冬で寒いのにFanが回り出してうるさい!!外に出すことを考えよう。
・JRL-2000Fのランプ取り換えは終わり、1/31日に宅配便で到着しました。


Ic756pro3jrl2000ftwotone201729・TwoTone発振器のバランス不良で、ひどい波形となってました。2/9日再測定する。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »