« ツバメが来ました 2017-06015 | トップページ | ツバメが来ました 2017-0623 »

2017/06/15

実験(Parasitic Antenna)7MHzDPアンテナにぶら下げた14MHZ-

Parasitic_antenna7mhdp14mhzokdsc091・14MHzのアンテナは以前実験してますので構造を左の写真のようにしてやってみました。給電側は7MHzでφ3.5mm被覆銅より線で14MHz側はφ1.5mmステンレス可とう撚り線(JA1VKV氏より)です。可動部分とその位置決めをどうするか、それと設置のやりやすさ、耐久性等を考えないと実用化できません。
7201761471414mhz ・特性はいまいち(インピーダンスが高い)ですが5WでJA8ともQSOできました。まあコンデション次第ですけど!アンテナ線の張り具合で特性がかなり変化します、14MHzともなると微妙ですね。

・14MHzのエレメントは1m間隔で写真の方式でぶら下げたのですが風でよじれることはありませんでした。ぶら下げているスペーサーはポリカーボネートのハニカム材を適当な幅に切断してもらったものです。切断代金のほうが本体より高かったです。このハニカム材は自由に動くように固定はしていません。黒い主エレメントの線にあるチューブはエンジンの燃料パイプで使うものです。カッターで割ってありますので後から簡単に取り付けられます。3.5MHzのエレメントにぶら下げた7MHzのほうは2m間隔でしたので強風では反転してよじれてしまいます、引っ張ればわりと簡単に元に戻りますがめんどうです。やはり吊り下げる間隔は1mとしたほうがよさそうです。2017-06-23

|

« ツバメが来ました 2017-06015 | トップページ | ツバメが来ました 2017-0623 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメが来ました 2017-06015 | トップページ | ツバメが来ました 2017-0623 »