« Red Pitaya-0709 | トップページ | ツバメ#2 2017-0711 »

2017/07/10

Red Pitaya-0710

・まずHDSDRのインストールです。

Hdsdrredpitayainstall0、最初のメニューからApplication marketplaceを選択します。

Hdsdrredpitayainstall
・赤いinstallをクリックして少し待つとRUNの表示に代わります。RUNをクリックすると、

Hdsdrredpitayainstall1
・順番に見ていく、、Google Chromeでは右クリックでポップアップメニューから日本語翻訳とすれば日本語になります。時々怪しい翻訳になるので注意!!

・説明のリンク先よりExtIO_RedPitaya_TRX.dlをダウンロードしてHDSDRのデレクトリに移動します。
・これでHDSDRを起動します。
Hdsdrredpitayaip_address_2 ・前もってRed Pitaya のIPアドレスを調べておく
Hdsdrredpitayalsb
・起動して画面が出たらExtIOのボタンをおしてIPアドレスを入力する
真ん中に出っ張りが無い!!、
・input1をADC直結になるよう真ん中にショートバーを入れて51Ωで終端した。
・適当なSGから7MHz 0dbmのキャリアを入れた時のものです。

Hdsdrredpitayanhk2・Red Pitayaの基板は母屋の食堂に置いてあるのですが、これをアンテナのつながる長屋に持っていったらHDSDRが旨く受信できないのだ。良く調べてないが、たぶんLAN環境をRed Pitayaが覚えていて異なると接続できないのだと思う。しょうがないので元の位置に戻して針金をinput1につないでアンテナとしてNHK2 AM放送を受信してみた。波形・音が出たので一安心。
Srdredpitayanhk1・SDR#についても問題なく動きました。


Powersdr_mrx_ps_v_setuphermespowe_3 Powersdr_mrx_ps_v_setuphermesstart Redpitayawebmenue Powersdr_mrx_ps_v_setuphermespowerh
・PowerSDR OpenHPSDRもとりあえず画面がでて受信はできました。
、この先が大変そう!!Station IDは入れておきました。
以下google自動翻訳
--------------------
SDRトランシーバ

赤ピタヤSDRトランシーバが準備完了です。

これでSDR#、HDSDRなどのSDRプログラムを実行できるようになりました。あるいは、GNU Radioで実験を開始することもできます。

このアプリケーションの詳細については、このリンクを参照てください

SDR#とHDSDRを使い始める

  • 要件:
    • MS Windowsを実行しているコンピュータ。
    • コンピュータとRed Pitayaボード間の有線または無線のイーサネット接続。
  • 赤いピタヤボードのIN1コネクタにアンテナを接続します。
  • SDR#またはHDSDRをダウンロードしてインストールします。
  • SDR#とHDSDR用に事前構築されたExtIOプラグインをダウンロードします。
  • ExtIO_RedPitaya_TRX.dllをSDR#またはHDSDRインストールディレクトリにコピーします。
  • SDR#またはHDSDRを開始します。
  • SDR#のソースリストから、またはHDSDRのオプション[F7]→[入力の選択]メニューから、Red Pitaya SDR TRXを選択します。
  • SDR#の設定アイコンを押すか、HDSDRのExtIOボタンを押してから、Red PitayaボードのIPアドレスを入力して設定ウィンドウを閉じます。
  • SDR#の再生アイコンを押すか、HDSDRのスタート[F2]ボタンを押します。
--------------------

|

« Red Pitaya-0709 | トップページ | ツバメ#2 2017-0711 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red Pitaya-0709 | トップページ | ツバメ#2 2017-0711 »