« 「SSBハンドブック」1961年12月臨時増刊号 | トップページ | 無給電ダイポール:セパレーター間隔2mから1mに »

2017/11/19

HPSDR バンド切り替え

Band1BandTable_2 ・PureSignalも一休みしてバンド切り替えの自動化をする。今は3.5MHzと7MHzが主ですが、SDRのバンド切り替えがパワーアンプ部と連動してなくて手動切り替えでした。間違えることもありイライラしてました。
 RedPitayaのE1コネクターからHermesのバンド情報が出ているのでコントロールできるはずだと思っていたが、ネットで検索すると、JA5AEAさんの記事が私の目的と全く同じでしたので利用させていただきました。
基本的には送信LPFと受信BPFをHermesの制御信号で切り替えることです。TS-680Sというかなり古いトランシーバーを改造して利用します。パワーアンプ部とフィルターとその、切り替えロジック以外は使いません。SSBの生成、受信等はすべてRedPitaya +HPSDRで行います。スタンバイ回路はRedPitayaのE1コネクターから出ているPTTを使いリレーを動かしその接点でTS-680SのマイクコネクターのPTTで動かしてます。これで普通のトランシーバーと同等に使えます。中身はプレデストーション機能を持つSDRトランシーバーに変身です。プレデストーション機能を使うのにはこのほかにRFカップラーとフィードバック量の調整用ATTが必要です。
・3.5MHzの受信感度が極端に悪くなりました。ファイナルユニットの隣にあるLPFユニットをコツコツとたたくと復旧します。LPFのリレーを駆動する信号を受けているコネクターを触るとまた現象が出ます。LPFユニットを外して基板の後ろ側からコネクターのピンおよび3.5MHzのリレー等関連部品も再ハンダしました。たたいても異常は出なくなりました。これで様子を見てみることにしました。30年物の中古品は一筋なわではありません。受信の時もLPFを信号が通っているようです。2017-11-22

CATソフトウエアによるバンド切り替え 2018-3-8

|

« 「SSBハンドブック」1961年12月臨時増刊号 | トップページ | 無給電ダイポール:セパレーター間隔2mから1mに »

コメント

昨日たまたまですが、「RedPitayaをTS-680に接続している」と聞いて狐につままれた気持ちでJA1CCAさんとのラグチューを聞いてしまいました。お話の内容ではTS-680をエキサイターにされているとのことでしたのでリニアを入れていらっしゃたようですね。こちらには59+で入っていました。

同じリグ構成をされていられる方がいるのを知ったこと自体椅子から転げ落ちそうな驚愕でしたがRedPitaya同士で交信ができたのも言いようがない驚きでした。

色々情報交換ができれば、独りでやっているより進歩するのではないかと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

de JA5AEA

投稿: JA5AEA | 2018/01/05 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「SSBハンドブック」1961年12月臨時増刊号 | トップページ | 無給電ダイポール:セパレーター間隔2mから1mに »