« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-Audio CODEC | トップページ | アライグマ御用 »

2018/03/01

Red Pitaya-PowerSDR_mRX-Audio CODEC-2

Audio_codecmicdsc00924・清久工房にお願いしてC23を1μFに変えてもらう、アマゾンに頼んだ2股分岐ケーブルも到着したのでテストを開始する。最初音が通らなかったがよく考えるとVACも関係ないのでOFFにしたりとやっていると音が出てHPSDRから送信できるようになる。モニターして録音して聞いてみたが、1,000円程度のスカイプ用安物ヘッドセットなのでいい音というわけではないが一応音は再生される。ところが出力も300Wpep程度以前と同じように出るがPre-DistortionのCorrectingが点灯しない、なんでかな?

・恥ずかしながら、、今度はMICスライダーが効く状態になったので0dBだったのを30dBにして正常にPre-Distortionがかかりました。大声でALCメーターも0dBを打ちます。良かった!!あ、それとDriveレベル10くらいにしておいたのが90とめちゃくちゃなところに行ってました。feedbackレベルが極端にずれるとCorrectingが一瞬点灯して消えてしまいます。何回同じ失敗をくりかえすのか!!!困ったもんです。

・送信の遅延はかなり少なくなっているようだが私にはモニター音を聞きながらしゃべるのはつらい。

・コンデンサーマイクがあるのに、わざわざヘッドセットを使う理由もないので取り替えることにする。UMC202HDがあるのでこの出力をAudio CODECのMICにいれてみた。monitor SWをONしてレベルを合わせると問題なく使える。Audio信号ですのでLineinに入れるべきなのででしょうが?VRは10時の位置で使っている。2018-3-7

・今日QSOしていて気が付いたのですが受信時にプツプツという音が2秒周期くらいで入ります。こういう現象は気にしだすと、すごく気になります、困りました。2018-3-8

|

« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-Audio CODEC | トップページ | アライグマ御用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-Audio CODEC | トップページ | アライグマ御用 »