« 宣伝用に特別バージョン | トップページ | ツバメ2018-0502 »

2018/04/30

新スプリアス規格に適合するリニアアンプ

・4月1日付けで関東総通の新スプリアス規格に適合することが確認されているリニアアンプ というのが「ハイパワーの申請について」というページに載ってました。

・どうもここに掲載されている、一部の日本メーカー製リニアアンプ以外は新スプリアス規格外ということで検査を受けないと平成34年11月末以降使かえなくなるらしい。
・実は私の使っているJRL-2000FとTL-922のエキサイター(第x送信機)を切替使用する変更を申請したら、「新スプリアス規格外のリニアアンプ」ということで要検査となります。という注意書きがあり変更申請が返却されてきました。何を、どのように検査するのか分かりませんが、、
・それで慌てて関東総通のWebをみたらリニアアンプの新スプリアス規格というのがあった次第です。
・今まではハイパワー局の検査は1度だけです。などどいわれていたのであまり気にしてなかったら、いやいや、、まいりました!!、まあ検査を受ければよいわけだからどうって事無いよと割り切ればよいわけですが、なんとなく面倒だ。

・規則に従って運用する必要があることは分かりますが、、もっと良い方法はなかったのでしょうか、まあ年寄りで余命を気にする年齢になりましたので、必要な期限に必要なことをすればよいかなと思うことにしました。

・ここに書いたことは関東エリアの話ですので、他のエリアの総通がどう考えているのかは分かりません!!、

2018-5-2
・総通に聞いてみました、まだ正式なハイパワー対応は決まってないとのことでした。ただハイパワーの場合(第X 送信機)TSSの保障認定等は通用しないようです。
・お金持ちは新スプリアス認定リニアを買って
新スプリアス規格の送信機を繋げば検査は無いようです。メーカーさんは喜びますね!!

|

« 宣伝用に特別バージョン | トップページ | ツバメ2018-0502 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宣伝用に特別バージョン | トップページ | ツバメ2018-0502 »