« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-TS-680S VS 756pro3 | トップページ | JRL-2000Fの右側のランプ切れ »

2018/05/06

ツバメ2018-0503

201805061 20180506 20180506_2・ツバメがいつの間にか巣作りというか補修を完了していました。、去年ヘビに襲われたのは外側の壁の天井の隙間(約5~10mm)の部分と思い、ここにシリコンシーリングをガンで注入しました。
夜になると、ちゃっかりと巣に止まってました。カメラも巣のある側に移動しました。それとべニア板を藁の上に敷いてその上に新聞紙をおいてテープで止めときました。これは糞が点いたら適時取り替える予定です。ツバメの受け入れも結構手間がかかります。ラジオを鳴らすのは効果が無いことが解りましたので今年は糞の臭いを消すことに重点を置いてみようと思ってます。ヘビと人間の知恵比べです!!
・カメラも動きが検出されるとメールを送るという機能もあるんですが、ツバメとヘビの動きを判別することはできませんのでこれは難しそうです。

|

« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-TS-680S VS 756pro3 | トップページ | JRL-2000Fの右側のランプ切れ »

コメント

ご無沙汰してます。
少し間を開けた金属に電圧を印加しておけば、敵は胴が長いので電撃ショックを受けずにその通り道抜けられません。
素人の戯れ言なので間に受けないで下さい。火事の元なのでくれぐれもAC100をそのまま印加されないように。

投稿: 水島 | 2018/05/06 21:09

水島さん

アイデアありがとうご座います。安全対策をきちっとやれば大変すばらしいものができそうです。ヘビさんも生きるために必死なのでしょうが去年2回襲撃されてますので今年はなんとか撃退したいです。

投稿: yukio | 2018/05/07 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red Pitaya-PowerSDR_mRX-TS-680S VS 756pro3 | トップページ | JRL-2000Fの右側のランプ切れ »