« 緑が綺麗に | トップページ | ツバメ2018-0620 »

2018/06/15

万引き家族 パルム・ドール カンヌ国際映画祭

・「万引き家族」とはすごい題名だ、パルムドール(仏: Palme d'Or)カンヌ国際映画祭における最高賞と聞いて2度びっくりである。いつもとは言っても最近は1年?ほど見てないが幸手にいくが、系列が違うのか春日部にいかないと見られない。電車に乗って出かける。どんな映画か、、、なんかこの監督の映画独特なのか接写が多い。最初慣れないのと、年寄りで耳も悪くなったのか会話が聞き取りにくかったが、だんだん慣れてきた。
 世の中の暗い底辺部を描き出す、でも幸せとはこんなもんだと言っているのが解ってくる。悪い癖で途中眠ってしまう!、とにかく訳あり寄り合い所帯物語なのだ。小さな女の子が親からの虐待?をうけているのを、連れてきてその子が
寄り合い所帯が居心地が良くみんなにナツイて暮らす。万引きで生計を立てるのは、、何時かは捕まる。警察も執拗に調べるが、誘拐されたと思われた女の子も、この暮らしが幸せだったようだった。樹木希林さんも年金暮らしの「ばあさん役」自然体で思わず上手い!!といってしまう。最後死んで、そのまま置いておかれたのはちとかわいそー!!。年金暮らしの老人が亡くなっても届けないで家族が年金を取得している世情を表現したのだと思う。
Uniteddsc06385 映画が終わったのが12:00だ、出るとすぐ隣に「丸亀うどん」がある、たまにはいいかと650円で「釜ゆでうどん」と天ぷらを食べて帰る。電車を間違えて戻って南栗橋行きに乗り換える、、年ですねー


|

« 緑が綺麗に | トップページ | ツバメ2018-0620 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑が綺麗に | トップページ | ツバメ2018-0620 »