« TBS | トップページ | 少しは涼しくなるかな »

2018/07/20

夏休みラジオ教室準備-2-雑感

・ラジオ教室関係者がこのブログを見ていただいている場合もあると思いますので開催要綱が「子ども夢基金」のサイトに公開されてますので見てください。19名の参加予定者があります、うち女の子が12名です。ネット、、スマホの時代にローテクに興味をもっている子供も結構いるようです。4年生~6年生までの枠で募集してますが4年生が一番多いです。こんなことに興味を持ち始める年代なのでしょうか?
 今回は募集の時にサンプルの組み立てたFMラジオを回覧して聞いてもらった、ということも参加者を増やした要因かなと思ってます。新しいDSPラジオの企画に参加していただき当日の講師をしていただける仲間に感謝であります。

・とにかく集まってくるのはラジオなんて聞いたことない、という子供がほとんどです。この子たちが約2時間集中して講師の説明を聞き自分で半田ゴテをもって取り組む姿は美しいです。ラジオの原理とかを教えることが目的ではありません。またハムの世界に入ってもらいたいという願いもありません。
・難しいと思ったことでも真剣に取り組めばできる、ということを、この体験を通して知ってもらうことを目的としてます。これは世の中に出て生きていくとき大事なことだと私は思ってます。学校では教えてくれないと思います。こういう活動をするために「子どもゆめ基金」は我々社会人を支援してくれていると私は思っています。要は教科書で学べない体験は生きていく上で糧になることが多いのではないでしょうか?
・私も5球スーパーを中学2年生の時作って、音が出た時の感動は71歳になる今も鮮明に思い出せます。このラジオから聞こえた歌が橋幸夫の「潮来がさ」でした。「今は亡き先生に話したら、それはスゴイよ」と褒めてくれました。
・今考えるとこのチャレンジから学んだことから、私自身、新しいことにも積極的にチャレンジして生きてくることが出来たかなと思ってます。

|

« TBS | トップページ | 少しは涼しくなるかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TBS | トップページ | 少しは涼しくなるかな »