« Red Pitaya-PTT回路の基板化 | トップページ | Red Pitaya-PTT回路の基板化-3 »

2018/07/30

Red Pitaya-PTT回路の基板化-2

Redpitaypttaudio・ゴムひもで止めてあり基板がふらふらしていた。アルミケースにねじ止めしたのでかなりしっかりした。またハードによるバンド切り替えを止めソフト切り替えにした。電力増幅部を使うトランシーバーの配線が減ってスッキリした。RedPitayaのE1,E2コネクターとの接続はAWG28(φ0.32mm)を使用した。動いていると整理するのは後回しになるが思い切ってやり直した。

2018-7-31
・組み立ててテストをする、PTTが効かない、なんでかなといろいろ調べる。PTT-outに3.3Vかかるのですが、、ややや、、PTT-ONしないのにON-AIRなんて点いている。なんか不可解な現象だ。ふとトランジスターを見てみる。なんだこれは2SA1015なんてとんでもないのがリレードライバーについている。誰だといっても、自分しかいない。
かなりガッカリしましたが気を取り直しトランジスターを2SC1815に交換してOKになりました。
かなりボケじいさんになったようで先が心配です。

|

« Red Pitaya-PTT回路の基板化 | トップページ | Red Pitaya-PTT回路の基板化-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red Pitaya-PTT回路の基板化 | トップページ | Red Pitaya-PTT回路の基板化-3 »