« LPFの特性 | トップページ | 夏の花 »

2018/08/25

Puresignal-FeedBack loop内の異常

Puresignal11
Puresignal22 ・初めてQSO中にRedPitaya OpenHPSDR-PowerSDR mRX PS v3.4.9がフリーズした。Puresignal 2.0の表示がいつもと違うMOX Wait:1.0が0.1、、GetPkga:0.407が0.5xxとなっている。またAmpviewが乱れてグチャグチャな表示をしている。ここに載せた絵は正常に復帰した時のものです。
PS-Aが機能してない。エラーメッセージ:「unanticipated、、、、不測の事態」が出てopenHPSDRが起動しなくなった。
Windowsの再起動、μSDカードの交換をしても復旧しない、本当は最初にしたほうが良かったがPCを取り替えてみた。すると問題なく起動して動いた。もうPCハードかソフトが悪いしか考えられない。ということでopenHPSDRのソフトの入れ替え等やっているうちに復旧した。
 どうもPCらしいと決めつけていたが、TS-680SのLPF以降のANTへのラインのどこかが接触不良を起こしている可能性が大きい。様子を見て点検修理しようと考えてます。PS-Aループ内のどこかで異常が起こると考えられないような事態が発生するようだ。接触不良という古い機械の障害は修理に時間がかかり困ります。

・2018-8-27(私の勝手な解釈)
MOX Wait:はPTT-onからPS-Aが開始されるまでの時間
CAL Wait:はAMP修正曲線(赤)、位相修正曲線(緑)が生成されるまでの時間
ではないかと勝手に解釈した。これらの値を0.1にするとFeedbackの緑や赤の表示周期が短くなる。これは1秒くらいで良いのかなと思うが?。
AMP Delay:を変えてみると3次の持ち上がりがいくらか変化するが極端には変わらなかった。

|

« LPFの特性 | トップページ | 夏の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LPFの特性 | トップページ | 夏の花 »