« 霞ヶ浦散策ー10-29 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-31 »

2018/10/30

霞ヶ浦散策-10-30

Dsc08010 Dsc08012 Dsc08014 Dsc08021 ・今日はHotel前で自転車を行った証拠に撮影する。泊まったホテルグリーンコア土浦は綺麗な室内だった。また家にいるより速いインターネット環境にもびっくりする。
・今日は走行距離が40Km程度なのと見る予定の予科練平和祈念館が9:00開館なので9:00少し前にHotelを出る。私が予科練平和祈念館に着くと小学生の団体(数十名)が入ってきた。中は撮影禁止なので外の写真しかない。入場料¥500だが展示もビデオもすばらしい。それと予科練の入試がかなり難しく全国からエリートで身体的にも厳しい条件であったということを知った。ここの出身者が太平洋戦争で活躍はしたが戦死者もかなり出したことを知り心が痛んだ。特に優秀な予科練生の日記(家族との手紙)が読めるようになっており、当時の若者の心情がよくわかる。
Dsc08030 Dsc08033 Dsc08036 Dsc08041 ・ここは土浦市では無く阿見町で管理している。隣の自衛隊の敷地内にある雄翔館は9:30開館であった。こちらは無料だが、海軍航空兵(パイロット)の普通見ることのできない活躍の様子が1人ごとにパネルで展示されており、迫力ある内容であった。
Dsc08042 Dsc08043・館入り口の銅像は山本五十六である。この2つの予科練平和祈念館で2時間を費やした。実物模型だが人間魚雷回天が見れた。ハッチのところをよく見たが外から締め付けられていた、とかいうものは良くわからなかった。でもこんな形をしたものが水中を自由自在に動き回れるとは思えない!!訓練中の事故も多かったと聞く。いずれにしてもミッドウエー海戦後の負け戦は狂気としか言えない特攻兵器を多く作り出すことになった。ここに来て戦争はやってはいけないということを改めて感じた。
Dsc08049 Dsc08059 Dsc08062 Dsc08068 ・予科練平和祈念館を出て湖岸を走る。ところがなかなか走れないのだ。途中あきらめて車の通る普通の道路を走る。美浦村という地域が広く感じた。12:00を回ったので腹もへってきた。ところが食うものを売ってる店が無いのだ。この村を出て稲敷市に入るとローソンが見えてきた。私と同じような人なのか駐車場も込み合っていた。ここでコンビニ弁当を食べる、腹が減ってたためか美味かった。ここで一休みして宿の途中にある稲敷市の大杉神社を見ることにする。この神社は私の近くの部落にある「あんばさま」という神輿の本家らしい。
Dsc08076_2 Dsc08087 Dsc08092 Dsc08096・125号線からド派手な神社が見えるので見逃すことは無い。ちょうど氏子の人たちか、菊祭りの準備をしていた。こんなハデな神社はなかなか見かけない。隣の建物も修繕中で屋根は銅板張りだ。これも完成したらド派手x2という感じになる。
Dsc08101 Dsc08109 Dsc08112 ここから宿にこれから向かいます、との電話を入れる、1時間くらいかかるでしょうと言ったら、いや30分ですと言われてしまう。方向もよくわからないのでナビをセットしてこれに従うことにした。田んぼ道をあちこち曲がって、本当に30分くらいで着いてしまう。
Dsc08119・また霞ヶ浦に戻ってきました。宿の住所は潮来でした。ITAKO-Free WiFiを使ってください、と言われたがスマホ用の説明しかなく分からない。
SSID:CG-Guest プロトコル: 802.11gというのがありこれが使えた!!
・明日は特に見る予定はない、50kmの走行予定だ、夢中で走るのは今回は止めたので適当に楽しもう。ただ遍路と違って会話は無いですね!

|

« 霞ヶ浦散策ー10-29 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霞ヶ浦散策ー10-29 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-31 »