« 自転車の整備 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-29 »

2018/10/27

Red Pitaya-openHPSDR-TS-690S-CAT

Ftdidsc07875・FT232 USB-シリアル変換ケーブル VE488のDB9オスに接続してTS-690S側は6P DINコネクターを付けて動かしていた。
・写真上のFTDI USB・シリアル変換ケーブル(5V)があったのでこれも繋いでみようとやってみた。普通に信号をクロスして接続してやったら通信できませんでした。いろいろ調べていたら信号が反転していることがわかりFTDIのサイトからFT_Prog_v3.6.88.402 Installerというユーテリティーをダウンロードして信号の極性を反転したら動いた。
DB9の付いた写真下は¥980、写真上は¥1,950である。どちらも動くが難しいことやりたくなければ¥980の方が良いと思う。ただ外見がすっきりしているのは¥1,950の方だ。
・これは内臓とは直接関係ありません。

|

« 自転車の整備 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車の整備 | トップページ | 霞ヶ浦散策ー10-29 »