« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019/04/22

Red Pitaya-openHPSDR-steinberg UR12

Steinber-ur12pic Steinber-ur12p Steinber-ur12
・USBオーデオをsteinberg UR12に取り替えてみる。これは4年くらい前に間違えて買ってしまったものである。ドライバーを入れるとASIOが入って素直に動きました。ASIOはsteinberg社で作った規格なんですね!!遅延時間が数ミリ秒から10ミリ秒以下といわれています。 
steinbergはDTM・DAWの業界では有名なようです。ソフト『Cubase』は音楽編集録音をするわけではないので入れてません。 
・受信音は素直できれいな音が出てます。送信はMIC gainはいっぱいに上げないとダメです。音もUMC202HDより良さそうです。なによりシンプルです。openHPSDRで使うのにはこれで十分です。BEHRINGERと比べるとちょっと高いかな?、ケースは金属製でしっかりしてます。

・要注意
USB3.0では動作しません。というかopenHPSDRが起動しません。USB2.0の差し込みにつなぐ必要が有ります。USBの差し込み口を変更したときはデバイスマネージャーでハードウエア変更のスキャンをしないと動かない。とちょっと神経質なUSBオーデオ装置です。

| | コメント (3)

2019/04/20

Red Pitaya-openHPSDR-AlシャーシS4に入れる -2

Casedsc09242
・私のケースですが表しか写真が出てませんので裏を載せました。これから増設されそうな穴位置はセンターは打ってあります。現在必要な最小限の物しか取り付けていません。引き出しの線は

・INPUT-1、2、OUTPUT-1,2(SMA)、LAN(RJ-47)、REMOTE(RCA)、13.8V(2Pプラグ)、だけです。
・FANは5cm角「吸出し」を付けてます。Redpitaya の放熱は100円FANを取り付けてます、2個とも常時回転です。それと通気口としてRedpitaya基板の下にΦ30のあなを2個開けてます。ここは穴が大きいのでパンチングメタルを貼っておきました。また両側面前部にΦ5の穴を12個開けておきました。アルミダイキャストケースは付けていません。13.8Vはトランシーバーの電源に連動してます。内部は仮配線ですのでコネクターの取り付けが終わったら写真を載せるつもりです。
・上蓋はT-2.0mm 300X200を丁番2個で取り付ける。シャーシーの折り返し(8mm)があるため丁番の取り付けを考慮して買ってこないとうまく取りつきません。2.0mmの上蓋は他の装置等を載せられるよう厚くしました。

| | コメント (0)

2019/04/15

Redpitayaをケースに入れる-JA1PTJ

Ptjdsc_0096 Ptjdsc_0097
・Redpitayaをケースに入れる。近くのJA1PTJ局がかっこよいケースに収納しましたので紹介します。CADでシールに文字印刷して綺麗に張り付けてます。氏はCWオンリーでしたがSDRに興味を持ちあっという間に作り上げてしまいました。おじさん達も若い人に負けずにチャレンジしてます。CWマンの方「たまには」SDRの綺麗でさわやかな音声通信はいかがですか!!

| | コメント (0)

2019/04/13

ツバメが「つがい」成立


2019dsc09195 2019

・ツバメが「つがい」成立のようで、定位置にとまってます。毎年4月初めに飛んできます。どこかの社交場に相手を求めて遊びに行きます。その時にもよりますが10日もすると相手と一緒に家に戻ってきます。巣作りはたいがい5月の田植え時期です。去年作ったヘビ除け電気柵のスイツチを入れました。IPカメラのテストをする、、おっと、、ちゃっかり去年の巣跡に止まってます。こんな早く巣の位置を決めてご宿泊は珍しいことです。

| | コメント (0)

2019/04/07

Red Pitaya-openHPSDR-AlシャーシS4に入れる

Casedsc09176 Ts870srigsync
・Red Pitaya-openHPSDR-AlシャーシS4に入れる。小さいケースに入れて失敗しましたので、大きめの300x200x60にいれてみました。これで最後にしたいです。まだ基板間の接続がロック無しコネクターですので、これを電源系と信号系にわけてロック付きコネクターで繋ぐつもりです。FAN 50角を後ろ側に付けたのですが、超静音なんて書いてある割しては風切音が気になります。100Wアンプ部はTS-870Sを使ってます。電源はTS-870SのAT接続端子からとってます。従いTS-870Sの電源ONで13.8Vが箱内に供給されます。これは何もなければ便利です、5VはDC-DCで落としてます。他12V、3.3V等は3端子レギュレーターで落としてます。ClockだけはRedpitayaの5Vからとっています。

これでテストを始めました。正常に動いているんですが、なんかCATコントロールが0.5Khzズレることに気付いて、38400のスピードを19200に落としてOKとなる。今まで何もなく動いてたのに?、、、TS-870SはRS-232C DB9がついてます。従いTS-690等の5Vインターフェースではうまくない。

・せっかくUSBオーデオがあるのでコンデンサーマイクを付ける。やはり感度が良いのでレベル調整が楽です。Audio Codecはダイナミックマイクで20dBのマイクアンプを通して入力する。その他いままで約2年で得た経験を盛り込む。しかしよくも2年近くもいじりまわしたと思います。今までいろいろSDRを触ったが最長ですね!!

| | コメント (0)

2019/04/06

庭の花

Dsc09172 Dsc09170 Dsc09169 Dsc09168
・今年は4月に入っても寒い日がありましたが、急激にあったかくなってきました。争うように我が家の花も咲いてきました。しだれ桜はまだ木が若いので、ほんのおしるしです。

| | コメント (0)

2019/04/05

権現堂の桜


・権現堂の桜も散り始めてました。自転車で出かけましたが南風が吹いていて春だなと感じる日でした。金曜日なのに桜の花見客はたくさんいました。帰りは道の駅とその後ろ側にできた巨大なGLPの前を通って帰る。約15Kmの運動でした。
Dsc09115 Dsc09116 Dsc09119 Dsc09127
Dsc09131 Dsc09135 Dsc09140 Dsc09156

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »