« TL-922-3-500Z 底板にファン取り付け | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ »

2019/09/21

Android版OpenHPSDR Radio 1.34

OpenHPSDR Radio 1.34  Android(Nexus7 2013)というタブレットの壊れたものをオークションで買う。私の持っていたNexus7 2012でopenHPSDRを動かしてみようと思っていたのですが、LANケーブルによる接続ができないことが分かった。良く調べると2013というモデルはLANケーブル接続OKということが分かり手に入れる。
Nexus72013dsc00072 Nexus72013dsc00086 Nexus72013dsc00089 Nexus72013dsc00099  

・手に入れたNexus7 2013は非常に綺麗な傷一つないものだったがμUSBから充電ができないものだった。そのため値段も¥3,000-と格安である。μUSB端子にLANケーブルを接続するため、最初にやることは修理である。WiFiは音切れが予測されたので敬遠した。

・前置きが長くなるが、この修理は目の弱ったジイサンには大変な作業である。最初に筐体を開けないといけないが、これが意外と大変なのだ。少しキズを付けてしまったが何とか開腹作業はできた。問題のμUSBは購入してあった。5つの半田端子があるが拡大鏡で調べると、どうもハンダ付けがあやしいのだ。ここを拡大鏡を使いながらフラックスを塗りハンダを付け直した。何回かやっていると安定に充電できる状態になった。
・Wii専用 LANアダプタを接続してテスト開始する。何時も表示されるWiFiのマークが「<->」こんなマークになればOKだ。Android版openHPSDRをインストールして起動すると受信画面が現れた。スペクトラムは出たが音が出ない。受信設定を開いて音関係のところを動かして音も出る。AGCの範囲が狭く音が割れてしまう、結構クリチカルだ。
・送信はPTTを押すと送信状態になるが音が通らない!!
 一休みしてからですね!!!。私はスマホなんて現代の道具は持ってません、それでこんなジャンク品の登場となりました。
Nexus72013dsc00101 Androiddsc00114 Androiddsc00115
2019-9-23
・Redpitaya OSはAlpineで直接起動です。

送信はLocal Micを使ってみたが遅延がかなりあります。WiFiもOKですが受信専用ですかね! 、受信音は綺麗です。私はNexus7 2013 を使いましたがAndroidを使ったスマホ、タブレット等でOKのようです。ただPuresignalのメニューはありません。
G0ORX この人いろいろやってます。

|

« TL-922-3-500Z 底板にファン取り付け | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TL-922-3-500Z 底板にファン取り付け | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ »