« Puresigunalとマルチデスプレイ | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ-2 »

2019/10/02

HF送信機の出力

・HAMのHF送信機出力はどのように測定できるか?、考えてみた。送信中にダミーロード(50Ω)に近い点からRF信号ピックアップしてオシロスコープで電圧を測ってみる。オシロの場合一般的にはpeak to peakが計測しやすいので換算表を作ってみた。注意点としては普通のプローブは400V程度までしか測れない。残念ながら基準になるものは何もない。ひたすらオシロの精度を信用するのみである。ダミーロードもテスターで測ると51.6Ωである。細かい精度はあまり期待してないが?勉強ですね!!

Dsc00166 Dsc00159・テスト100w200vppdsc00168 100w200vppdsc00170 Ic756pro100w-single-tonedsc00181 Ic756pro100w-single-tonedsc00179 Ic756pro100w-single-tonedsc00175
・100W 200Vppを確認する。100W表示できるものは全て見てみる。数多くの機器で表示させれば多少は見えてくるかなという期待!!
 このままでは500W,1000Wが測れません!!というか、オシロで数値検証できません。はてどうするか?
・Bird43はPeak表示ユニットが入ってます。Birdの軍用1KWダミーのメーターはRMSです。信号はsingle Toneでの試験です。久しぶりにオームの法則勉強しました。間違ってたらスイマセン!!
・種々の補正(周波数、温度、抵抗値等)はこれから考えます!!が研究所じゃないので実用上問題なければあまり深入りしない。

W-Vpp変換表ダウンロード - e383bce383bce383bcwvppe5a489e68f9be383bc.pdf

 

|

« Puresigunalとマルチデスプレイ | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Puresigunalとマルチデスプレイ | トップページ | 秋冬野菜の蒔きつけ-2 »