5球スーパー

2009/10/14

ラジオの裏ブタ

Photo ・ラジオの裏ブタに貼ってあったものです。ずいぶん綺麗なのでよい環境で保管されていたラジオの蓋です。
約30年前にカナダを訪問する機会がありました、バンクーバーのビクトリアの結構有名なホテルに泊まったときのことです。テレビがおいてありました、どうも古そうな格好しているので箱の隙間から中を覗いて見ました。真空管のテレビでした。もう日本では真空管TVは無くなっていました。ここは随分遅れた国だなと思いました。イギリス系の人達は物を大事にするので新しいのが出てもすぐに買い換えない国民のようだ。ただホテルのモーニングコールが肉声だったのには驚き、うれしくなったことを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/06

マジックアイ

Mi ・先日のハムフェアで求めたガラクタの中で一番高かったのはこのマジックアイ(¥3,000-)です。両開きのものですが、取り付けてみるとかなり明るいです。明るいだけでコントラストはいまいちです。戦後の普通のラジオにはかなりついてましたが、寿命が短く今は作られてないのでマニアには高値で取引されているようです。誰か上手い代用品つくりませんか?、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/07

ラジオ洗濯用品

Clean・私の使うラジオ洗濯用セットである。USAの人からあなたのラジオは光っているが、どんな方法で掃除しているか教えてくれ。とのことで、この写真を送りました。下手な説明より、写真でこれだよ、がいちばんです。アンモニア水は5~10倍の希釈液にしないと、印刷文字も綺麗に消えちゃいます。タバコのヤニ汚れ、埃はこれが抜群に良いです。臭いが強烈なので慣れなれないと大変です。油汚れはSimpleGreenです、最近安くなりました。いずれにしても大量の水での洗い流し、乾燥する時間(10日以上)を多くとることが重要です。この方法に異論を唱える人がいるようですが、ネズミのしょん便くさい、埃だらけのボロラジオはこれが一番です。もちろん、やる場合は自分の責任です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/25

放送局型第三号受信機の箱

Nhk3_2 ・放送局型第三号受信機の箱です。だいたいこんな感じ、誰か作りませんか?どうせ箱つくるんだったらこんなのいいですね。桜の木ででも作ったらかっこいいでしょう。寸法はいいかげんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/24

HS-800回路図虫食い

Hs800 の回路図である、虫食いで全部見えない、前のと比べて見ると良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

並3

Photo_3・並3ラジオの部品を並べてみました。コイル、トランス、シャーシーは新品です。並3のほうが配置がしやすそうなのでこうしました。5球スーパーのボロから取った部品です。 真空管6C6だけありません。バリコンがMax380pFありますが何とかなるでしょう。再生調整用豆コンは50pFのタイトバリコンです、これはジャンク箱にありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

部品取り

Photo・古い5球スーパーの部品、IFTがスターのA1、B1です。スターのIFTでは古い部類だと思う。ベークソケットは並3ラジオで使います。真空管は全部テストしましたが、弱り具合まではわかりませんが、ラジオは鳴りました。バリコンはボロで使えません。時々変なメーカーの変なバリコンがついているラジオがあります。たいがい部品取りは¥3、000円台のボロラジオを見つけます。アンモニア水で洗ってしまえば、きれいになっちゃいます。ST管のソケットなんか新品は売ってませんからこれしか手が無いです。木箱はごみといっしょに燃やします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

空管式FMチューナー

Triotest・TRIOの真空管式 のテストをしてみました。ナショナルのラジオのPU端子に出力を入れた。トランスレス式チューナーなので一寸と不安でしたが、いい音かどうかは別にしてとにかく鳴りました。当地は79.5MHzのNACK5(周波数が会社名になっちゃいました)が強く入ります。FMはやはりトランジスターラジオにすることにします。真空管ラジオはAM放送が似合いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/06

延長シャフト

Photo_2 ・箱入り真空管ラジオの延長シャフト。ボリュームのガリで交換するとシャフトが短くなってしまう、500KΩAなんてVRは探せばあるが、シャフトは短いのしかない。このような場合使う延長シャフトがあったんですね。古いネズミの小便ラジオについてました。右側は私が使っている自家製で内径6mmの銅パイプです。これは接着剤でつけてしまいます。長さが好きなように作れのが特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/26

並4

Photo ・ラジオデパートのシオヤ無線でぶら下がっていた並4シャーシーを何の気なしに買ってきた。「おじさん真空管も少しあきたよ」と言ったら「そんなこといわないでやってよ」と言われました。5球スーパーも飽きましたので、ST管の並4でもそのうち作ってみようかと思います。中学生のとき5球スーパーは作りましたが並4は回路図眺めてただけで終わっちゃいましたから、バリコンが中国製の汚いのしか無いと言ってました。こんなの作っても何の勉強にもならないし、あまり実用価値もありません、要は単なる癒し・息抜きですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧