75A4

2016/01/03

メカメカな受信機

1503dsc04879 1604dsc04889 1604dsc04885.・約10年前にコンデンサー等を取り替えて整備したものですが、以後電源を入れてませんでした。なんとなく持ち出してパワーONしてみました。ちゃんと聞こえますね!前回整備当時は室内アンテナしかありませんでした。きちっとしたアンテナにつなぐとそこそこ聞こえます。やわらかい真空管独特の音には癒されます。Sメーターを調整しただけで元気な音を出してます。さすがCollins 75A4 メカのパスバンドチューニング、、感心して眺めてしまいます。すごい部品、、と余裕のシャーシ、、こんなメカメカな受信機は2度と作られることはないでしょう。

| | コメント (0)

2007/01/22

選択度特性

Filter_1 ・マニアルに選択度特性が表示されているので単体で測定してみた。他のフィルターと比較して損失が多くグラフのように綺麗には見えなかった、スペアナは最大入力電圧を超えると入力回路がすぐに壊れるので真空管の回路を測定するのはちと気が進まない。3.1Kc,6Kc,(3.5Kc F455Z23C) 3.1Kcと6Kcはメカフィルに直接接続、3.5Kc F455Z23Cは1.8KΩの抵抗を直列にIN/OUTに挿入して測定したもの、ギザギザは直接接続スペアナのインピーダンスは50Ωでである
Img_3272_2Img_3276_2Img_3267_2Img_3269_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

メカフィル

Img_3256・75A4は3本のフィルターがさせるようになっている。真空管のソケットに挿すようにできている、IN・OUTの結合を少なくするため遮蔽板がソケットの配線側に入っているが、あまり良い構造ではないと思う。以後のメカフィルはIN/OUTが離れた構造になっている。これが結構高価なので手に入れるのは大変だとおもう、私のは幸いにも3本ささっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

75A4-Restore記録-2

Img_1626  12/16/2002
なんとなくノイジイ、、感度悪い、、定番のCを交換することにする。ミクサー部の改造を戻すかどうか、考えているR-388と比較すると感度、フロアーノイズの点で良くない、あくまで現時点での話であるが。
PTOのリニアリテーにおいては75A-4に軍配があがる。良く点検調整すればR-388より後の世代の物だから良い性能になると思うが、いまのところダメである。48xxx番の機械だから後期のものである。
しばらく楽しみながらいじれる、ラジオおじさん至極。調子の悪いHP410Cを上銘さんに送って見てもらうこと
にする。結構梱包して送るのは慣れてないので時間がかかる。うまく直るといいが、DMMで計れるがやはりcollinsはVTVMがお似合いだと思う。よく調べるとこの410CはこんどTS-900を買った人と同じだった。
たぶん相手は忘れているだろう。

12/18/2002
お勧め交換コンデンサーを取り替えた。だが今一感度、ノイズも良くない。

Img_1499 12/21/2002
75A-4を2Fに持っていく、おや、、以外と感度良いじゃん結構よく聞こえる。フロアーノイズはR-388のほうが少ない感じがする。同じアンテナで比較してみよう。ミクサーの改造が改良なのか改悪なのか解らない、時間をかけて様子をみてみよう。一応壊れやすいCは全部交換した。
いろんな人が古いCになやまされ、これは交換すべきというのがcollinsのメーリングリストに載っている。

12/23/2002
昨日からエージングで電源を入れっぱなしにしている。3.5、7.0,14を聞いたがそこそこには聞こえる。
なにがいいおとなんか解らないが、人が言うほどの機械じゃないような気もするが??

1/15/2003
上銘さんから410Cが届く。だいぶ苦労して修理したようだ。AC5Vレンジがうまくないスイッチの接点をそうじする。結構汚れていた。だいぶ調子よくなる。ほぼ使える状態になった。

1/19/2003
しばらく動かしているが、とくにトラブルなく動いている。いまの状況が最良なのか、わからない。6KHzのフィルターでSSBを聞くと良い音で聞こえる。3、1KHzではこもったかんじだ。51S1やR-388を聞いているからか、そんなすばらしい良い音とも思えない。

1/27/2003
なんか雑音が多い感じがする。それと、電源on時スピーカーから音の出るまで時間がやけに長い。これは最初からだが気になる。

Img_2776 1/30/2003
こわれた、電源onで"ぶーん"である。RF、AFのボリユームに関係なくハム音C94A 40マイクロのブロック電解コンデンサーがダメになった、450V 47マイクロのチューブラー形をとりつけ復旧した。
約1カ月でこんな状況である。R-388は安定している、もっともこっちは前もって電解コンは取り替えちゃったけど。なんかこのA4フロアーノイズが高い感じ。

2/11/2003
どうも最近きになるのは昆変調特性が悪い点だ。7MHzを受信するとざわついている。ミクサーの回路をもとにもどそうか、迷っている。

Img_1630 3/9/2003
どうもPBTの調整を間違えていたようだ。LSBではLSBと表示された側の1.5Kcに合わせる
ところを0付近にしていた。はずかしい、、、昼間の7MHzを聞く、コンデションが良いのかけっこう良く聞こえる。音もそこそこである。この受信機もすこしいいかなと言う感じ。もうすこし勉強しないとcollinsがかわいそう、
3月は7Mhzの夜の国内伝搬がよく12時ころまで良く聞こえる。3.5MHzはよく聞こえない、感度が悪いのか
コンデションが悪いのか? でも他の受信機では聞こえる。アンテナか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

75A4-Restore記録-1

75a42・8/24/2002
マニアルが付いてないようなのでebayを覗いて、買うKenさんと言う人から買う、複製品だがみごとな仕上がりアメリカ人もとびきり器用な人もいるようだ。サービスブリテーンや1/4ギアのマニアルも添付して完璧、おそれいりました。

・12/3/2002
土曜日から風邪で今日も会社を休んだ。いくらか良くなったが下痢がなおらない。75A-4の洗濯をする。今回はPTOを外した。長い間あこがれの受信機でうれしい。Sメーターと真空管を外し、アンモニアを書けて温水シャ75a43 ワーをじゃぶじゃぶかける。気分爽快、、ぴかぴか、、こびりついて取れない汚れは剥離剤がよい、完璧にはがれる。新しい発見である。ただし塗装の上は、塗装まではがしてしまうのでだめ。シャーシー裏はピカピカできれい、また裸線の配線が大胆で美しい、さすがみんな惚れる受信機だ。見ても楽しい。
配線とハンダ付けがほんとに美しい。上銘さんにCRを注文する。

・12/8/2002
PTOをとりつけて電源を入れてみる。とりあえず、異常はでない。電圧をはかるB+230くらいPTOの周波数は結構正確にでてるようだ。6BA7が6201や6EA8が入っている。これじゃ高周波部は全然働かないとおもう。
75a44 中間周波数以下はokのようだ真空管を買わなきゃ。PTOの周波数をカウンターで調べ、カップラーの位置合わせをする。低い方のリニアリテーが良くない。

・12/13/2002
6201(12at7)をさしてみる、聞こえた。コリンズのアーカイブアをみると6BA7はノイズが多いので改造したということがかいてある。この機械は1st Mixerが6EA8、2nd Mixerが6201にRFが6GM6に変更されているようだ。しばらく聞いていると、聞こえなくなる。バンドスイッチを廻して戻すとまた聞こえる。水晶の発振が不安定のようだ、C38 220pfを交換する、良くなったようだ、しかしバンドによってはきわめて感度が低い。それとバンド切り替えによるダイヤル表示が5kcくらいずれているバンドがある水晶も交換が必用かもしれない。AMは聞こえるがSSBはだめ、でも嬉しいよ、、ここまでくれば後はなんとかなるBFOが発振してないか?音もまあ良い。すこしづつ直していこう。さすがcollins聞こえちゃうところがすごい。少なくても10年以上埃まみれになっていたのではと思うが。タマ交換
V6  6BA6 12AT7
V14 6BA6
V15 6BA6
V9  6BA6 5749
V8  6BA6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/01

Collins 75A4

Img_1624Img_1629Img_1461Img_2674




・2002年夏のことである。ebayでCollins集めをしていてどうしても75A4をこの目で見たくなり、買うことにしたわりとリーズナブルに落ちたのはよいが、日本には送らないときた。Ships to: Worldwide てかいてあるのに、、ひねくれ者はどこにもいるものだ。しょうが無いのでNative Americanの友人宅に送ってもらうことにした、相手はそれは良いアイデアだと言ったはよいが、自宅配送はしないからとりにこいとか、さんざん文句を言い始めたImg_1608 ので、私は物が手に入ればよいのでアメリカン同士で好きなだけやってくれと退散した。その後しばらくたって友人宅に来たようだが、とにかくでかくて俺の車には乗らないという、こっちも急いでいるわけじゃないから気が向いたら送ってくれ、と言うことにしておいた。ところがいつになっても「うんもすんも」無い。そうこうしているうちに暮れの12月になってしまった。正月休みにいじりたいので、送ってくれとメールを出す、梱包が出来ないとか言うので、金はかかってもよいからプロの運送屋に梱包も頼んでくれということにした。すると4~5日後会社から帰ると玄関に物がある、、、。たしかに素晴らしい梱包だ。後で運送費払うからいくらだと聞くと、、Img_1609 $4xxという3ヶ月以上ほっぽっておいて、5日でついて、$4xxこれはどういうこっちゃ、、、ebayはプロっぽい人が多いのでこういうことは少ないが、とにかくお国違えばなんとやらで、、なかなか世の中ままならん。写真はアンモニア水をぶっ掛けて水で洗った後の写真である。Black Beautyがたくさんついているので、上銘さんのところで買ったコンデンサーと入れ替える。この時代のものがこんなピカピカで目の前にある、日本のラジオの鉄シャーシーの赤錆とは雲泥の差である。この質感がcollinsファンを離さないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)