鈍速へんろ

2013/10/06

四国みやげ

Dsc07659・四国みやげですが、石ころ2つと経本です。石は窪川の四万十川で拾った小さなものです。お経の本は般若心経くらいは出来るようにしたいと何回か求めたのですが、やる気が無いから覚えません。外孫は幼稚園で般若心経を暗記してました。意味はどうでも良い音で覚えてしまうようです。教本は37番札所岩本寺で求めたものです。
今回も自転車で30℃の暑い中、大汗かいてお寺さんに着くわけですから、水、休憩がさきでお経は二の次になってしまいます。坂の表示ですが最御崎寺の自動車道は10%と表示されてました。これは100m行って10m上る勾配を言っているようです。ここは私には全く上れません押して上るだけでした。
今回ナビを利用してみましたが、確かに間違わずに確実にいけます。88箇所のお寺は登録されてますので行き先も割りと簡単にセットできます。でも地元の人との会話はほとんど無くなってしまいます。「へんろは道中にあり」派の私には考えさせられる道具でありました。でも一回使うと中毒になりそうです。

| | コメント (0)

2013/10/05

遍路2013-10-05-高知より帰る

Kaeridsc07603Kaerudsc07609Kaerudsc07614・今日は朝から雨です。ラッキーとしか言いようがありません。自転車で走る間は良い天気でした。お大師様ありがとうであります。
高知龍馬空港の遍路コーナーも大分縮小されてコンパクトになってました。ANA就航のためでしょうか?。四国のローカルニュースではLLC格安便の松山、高松就航のニュースを流してました。チケットをコンビニで販売と言ってました、安いのは良いことですが安全は確保されるんでしょうね。心配になります。

・今回の旅は実質4日くらいでしたのであっという間に終わりました。
最初に日和佐から室戸に向かって走り始めたが遍路に合わなくてどうしたんかと思ってました。そのうちドンドン見かけるようになりました。室戸までの道で10数人の歩き遍路を追い越しました。まだまだ遍路は健在のようです。オランダからという若い女性遍路もいました。キャーキャー甲高い声でしゃべってましたので遊びかなと思ったら、宿のおかみさんがあの人は母親が去年亡くなって慰霊で回っていると言ってました。
 いろんな方がいますが室戸荘でちょっとしか話す時間がありませんでしたが72歳のママチャリ遍路に合いました。この方は焼山寺のあの激坂を「突き上げた?」といってました。関東では自転車は「押し上げる」と言いますのでたぶん地元四国の方だと思います。この方なんかと比べると私なんかまだヒヨッコだと思いました。岩本寺までの道でも休憩所で3~4人の歩き遍路さんとお会いしましたが全て定年を機会に遍路に来た方でした。それぞれ目的は違うが四国遍路は益々盛んになるのかなと思いました。
 それから室戸荘のかみさんは俳人だということを「シレストむろと」で温泉に入っていた地元の方に聞きました。帰って宿の入り口を見ると俳句ポストがありました。話すと第71番弥谷寺の俳句茶屋も知ってました。よくみるとあちこち俳句が壁にかかっていました。それと室戸の地形は船のへさきのようになっているので波は左右に分かれて行ってしまう。風だけはよけようが無く強いといってました。なるほど頷けます。
 

| | コメント (0)

2013/10/04

遍路2013-10-04-おまけ

Omakedsc07497Omakedsc07502Omakedsc07487・3日夜は駅に近い宿にしました、正解でした輪行袋に入れた自転車をかついで長く歩くのは苦痛である。ホテルは¥5000と安いがドーンと広い部屋でびっくりしました。前のケーズ電気がまた超でかい、龍馬さんの生まれた地はでかっ気な人が多いのでしょうか?夜の街も飲み屋が多いです。
Omakedsc07511Omakedsc07522Omakedsc07545_2・4日はおまけ日です。とりあえず高知城を見に行く、やはり木の城はいいですね。
行った証拠写真を撮ってもらう。
・次に第三十二番札所禅師峰寺に行く、前に行ったとき眺めの良い太平洋の写真を撮り忘れていた。自動車道を押し上げたが短距離なのでそれほど苦痛ではなかった。
このお寺さんは灯明・線香をあげるところが「へんろ」の身になって綺麗に整理されていてgoodでありました。
Omakedsc07549Omakedsc07556Omakedsc07557_2・これは行くとき通ったトンネルですが歩道が車道1車線分くらいありドーンでありました。ナビをセットしてそれに従って行きましたが到着時間も意外と正確でした。案内音声も通りの少ない裏道なのでよく聞こえました。簡単にいけるけど、これありかな?と思いました。
Omakedsc07554Omakedsc07560Omakedsc07566・次は国分寺です。ここは3年前に太師堂の屋根の葺き替えをしてましたが、今度は本道の修復を進めてました。境内も非常に綺麗に掃き清められています。さすが国分寺 格が違うなと思いました。
Omakedsc07567Omakedsc07568Omakedsc07583・今日のホテルは空港の近くにした。なぜかアイスクリンがフロントで売っていたので買って食べる、こっちのほうが甘みがすっきりしていてうまい。無線ランは使えますかと言ったらこのケーブルを出してくれました。つながったので忘れる前にUPしました。

| | コメント (2)

2013/10/03

遍路2013-10-03-須崎から七子峠

Suzakidsc07390Suzakidsc07391Suzakidsc07395・須崎の柳屋旅館は離れの6帖X2の部屋に泊めていただく。寝て天井を見るとすごい。今日1日大名になった気分で寝れました。野の花もさりげなく飾ってあり「かみさん」のセンスの良さが表れてます。
Nanakodsc07403Nanakodsc07405Nanakodsc07408・宿はかみさんの塩アメの接待をいただき7:15分頃出ました。トンネルはいくつもあるのですがこの焼坂トンネルは966mと最も長かったです。上ったり下ったり何回か繰り返します。すると七子峠まで6Kmの標識が現れます。
Nanakodsc07412Nanakodsc07413Nanakodsc07415・しばらく上ると久礼第一、第二トンネルがある。きつい坂で大変だというイメージだったが、実際上ってみると普通の坂で押さなくても踏んで上れる。久万高原とかの坂の方がよほどきついと思う。ただ長い坂なので決して楽ではない。
Nanakodsc07427Nanakodsc07424Nanakodsc07428_2・第4トンネルを抜けるとすぐに峠だ、予定時間より早く着いてしまう。玉の汗とはこのことです。歩き遍路さんが遍路道を登ってきて会いました。お互い大変な上りを話して分かれました。
Nanakodsc07429Nanakodsc07437Nanakodsc07440・七子峠からは海まで見えます。高度290mとのことですが私のナビでは300mと表示してました。道の駅あぐり窪川で一休みして初めてナビゲーションをセットして岩本寺を目指す。なんだか声での案内は騒音でかき消されよく聞こえません。程なく岩本寺に到着。
Nanakodsc07444Nanakodsc07446Nanakodsc07452・岩本寺は遍路の休息場を納経所の前に作ってありました。出来たばかりのようで白木が綺麗でした。時間もあるので是非四万十川の水に触れてこようと381号線を川の方角に向かいました。橋のたもとにレストランがあったので入りました。かみさんに反対側に行けば川まで降りられることを聞く。
Nanakodsc07457Nanakodsc07459Nanakodsc07464・川辺に下りてみました。あまり綺麗ではなくなったと聞くがやはり綺麗で澄んでいるのに驚く。写真の白いのは光の反射です。記念に小さな石ころをいただいてきました。

Nanakodsc07473Nanakodsc07475・あまり見るところもなさそうなので窪川駅に行き、自転車をたたんで高知まで帰ることにした。

| | コメント (0)

2013/10/02

遍路2013-10-02-室戸から須崎

Murotodsc07323Murotodsc07334Murotodsc07346・室戸の日の出は6:00頃でしたが水平線に暗雲があり綺麗に見えませんでした。
垂直に切り立った南海トラフ?に押し上げられた岩が地球の神秘を伝えてくれる。これを見ているとネコちゃんが私のところに寄ってきて一生懸命体を擦り付けている。綺麗な猫なので近所の飼い猫だと思うが観光地に来ると猫までサービスが良い。
Murotodsc07354Murotodsc07357Murotodsc07356・室戸岬・室戸荘前から奈半利まで9:49分発のバスにのる。奈半利駅というバス停は国道沿えで降りて数分歩いて駅2Fの改札まで上る。バスの運賃を払うのに私がなれないでモタモタしてたら不機嫌な様子だった。1200円払ったのに!!。奈半利はうら若き女性職員が丁寧に乗り換え時間まで書いてくれた、ありがたいことだ。んーーん、到着の字違うんじゃん!まあいいか。電車はシートもドーンという感じでさすが土佐と感じました。
Murotodsc07361Murotodsc07367Murotodsc07370・安芸で電車を乗り換えます。綺麗な電車です。高知に着く、丁度昼なので弁当買おうとしたが見つからないので外に出ようとしたら2番ホームにありますよと言われ、カツオ何とかは止めてこんな弁当食べました。なんか「食べろぐ」になっちゃったようです。弁当が食べ終わる頃、窪川行きが出発しました。これで前回の自転車輪行開始駅である須崎に行きました。須崎駅で降りて自転車組み立てて、さて今日の宿代をと思って駅員に郵便局を聞こうとしたが、、あれ目の前が郵便局である。さっそくATMで現金化、ありがたや。
Murotodsc07373Murotodsc07377Murotodsc07382・ほんの一っ走りで別格大善寺第五番札所に到着する。さっそくお参りしようとすると鐘をつくと近所迷惑だからつくな、と書いてある。なるほどと思いながらお参りする。
今日の宿はこの門前にある「柳屋」です。だいぶ前ですがNHK遍路ドラマWalkersの舞台になった遍路宿です。きさくなかみさんで私が行ったとき、宿はいっぱいだと言っていたが、遍路さんが来ると今日は泊まれないけどと麦茶を振舞ってました。夕食は地産のお米と新鮮な魚で、食が進みました。久しぶりに同宿の夫婦遍路の方と話が弾み楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0)

2013/10/01

遍路2013-10-01-室戸

Murotodsc07223Murotodsc07224Murotodsc07226_2・5:30ごろ起きる、6:30出発、室戸岬まで80Kmの走行開始です。日和佐トンネルも難なくクリアーする。これより長いトンネルも何回か経験したのであまり気になりませんでした。トンネルでの問題は大型車の風圧です。慣れた運転手はその辺の事情が分かっているのでうまく交わしてくれます。
Murotodsc07232Murotodsc07236Murotodsc07246・コンビニ7を四国で始めて見ました。飲み物を買って詰め込む。海も少し見えてきました。
四国別格霊場 第四番札所 鯖大師本坊というのが現れましたので立ち寄る。別格でも結構力が入っているようなお寺さんでした。
Murotodsc07254Murotodsc07256Murotodsc07263・道の駅 宍喰温泉で一休みして出発、海岸沿いの道が延々と続く。ゆるいUP/Downで疲れる、そして暑いのだ。普通はかなり強い海風が吹いてるだと思うが今日はほとんど無風状態だ。
Murotodsc07273Murotodsc07274Murotodsc07276・12:15分頃室戸岬に近いシレスト室戸という海洋深層水を使った温泉に着く。腹がすいたので「ねぎまぐろ丼」¥880を食べる。ネギトロ丼ではなく、薄い切り身が並べてあるものです。温泉に入ろうかと思ったのですが、最御崎寺(ほつみさきじ)に上ってからまた来ることにした。
Murotodsc07290_2Murotodsc07292_3Murotodsc07293最御崎寺のくねくねの自動車道はほとんど押して上りました。日和佐で合ったという夫婦自動車遍路の方にもうこんなところにいるの!!なんて言われる。くそ暑い中大変でした。NHKで放送する除夜の鐘の看板がありました。候補があり持ち回りなのでしょうか?
宿で物の整理をしてたら昨日の宿のでかいバスタオルが出てきた。宿に間違って持ってきちゃったので後で送ります、と電話するとあげるから送らなくて良いと言う。私も物がいっぱいなので今日の宿のおばちゃんに上げた。いや暑くて今日は疲れた。

| | コメント (0)

2013/09/30

遍路2013-09-30

H2013dsc07164H2013dsc07181H2013dsc07186・今日は移動日で羽田-徳島空港-徳島駅-日和佐までで宿泊です。
富士山が世界遺産になり見ようとしたら通り過ぎてしまいました、飛行機は早い、、今回はANAを利用したのですが、JALと飛行ルートが違うようです。JALは海の上を飛んでたと思いましたがANAは海辺で陸地の上を飛んでるようです。最初の写真は中部国際空港 セントレアだと思う。
日和佐の宿に着いたら自転車があり一安心する。
H2013dsc07211H2013dsc07213・近くの23番札所薬王寺をお参りする。月曜日だからか閑散としていて参拝客を見かけませんでした。3年前工事していた山門は綺麗になってました。この下に温泉があるので行ってみました。綺麗な温泉で夕食もしてきました。聞いてみると薬王寺でやっているようでお坊さんがいました。コインランドリーもあるとのことで洗濯までしてきちゃいました。温泉は遍路より地元の人が多いように感じました。宿に無線LANがあったので忘れないように書き込みました。明日は早く起きてキコキコ自転車をこぎ室戸まで行きます。天気がよさそうでよかったです。

| | コメント (2)

2013/09/28

旅の財布

Saifudsc07104・自転車旅の財布はなかなか使いやすいものが無い。私はmont・bellのスリムワレット ( 品番 #1123686 )という700円の安物を使っている。マジックテープをつけて開かないよう少し改造している。また首に下げられるようひもをつけてある。お札・カード・コインと必要なものは入る、雨のときはビニールの袋をかぶせます。これを見つけるのに随分遠回りしました。他の物は良く出来てるんですが厚くて重いのです。これは薄い、軽い、でも必要なものは入る、首につけたまま使うので無くすことはない、紐で全体を支えるので安心感は抜群です。お金とカードは旅には欠かせない重要なものです。3年前の自転車遍路で1400Kmお供した財布です。

| | コメント (0)

2013/09/26

台風の動き

Taif20・出かけるので台風の動きが気になっていたのですが予想どうり右折してます。気圧配置から予測するのでしょうが、すごいですね。台風一過でカラットするかと思いきやいまいちのようです。
10/1~4日まで自転車で走るんですが、行き先の週間天気予報を見ると、なんかパットしない。今のところ快晴の四国路は望めないようです。雨でなければよしとしますがこればかりはお天道様に従うしかありません。最安のチケットで行く貧乏旅ですので、日にちを変えられません。今日ヤマト便で自転車を日和佐のホテル宛に発送しました。近くの営業所宛に送ろうとしたら宿の人が家に送っていいよというのでそのようにしました。輪行袋に入ってますので担いで行けばタダなんですが、年なもんで億劫です。前回の教訓から保険20万円で¥200を掛けておきました。

| | コメント (0)

2013/08/28

へんろ2013準備

SadSad1・へんろ準備を少しづつしてます。
サドルバックをつけて予備チューブ等パンク対応品を入れる。これを付けるとバックのライトが見にくくなってしまう。サドルバックの後ろに取り付けることにした。これは大変見やすい。前回サドル下につけた輪行袋は空気入れの上にしてみた。担ぐのは出来るだけ減らしたいのだ。
 前回もお世話になったプロショツプ-(有)シクロタカハシ整備・調整をお願いした。シフト関係も買ってから一度も調整してなかった、全て見てもらった。3日走るのも20日走るのも準備は同じだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧