カムバック・ハム-2

2018/04/30

新スプリアス規格に適合するリニアアンプ

・4月1日付けで関東総通の新スプリアス規格に適合することが確認されているリニアアンプ というのが「ハイパワーの申請について」というページに載ってました。

・どうもここに掲載されている、一部の日本メーカー製リニアアンプ以外は新スプリアス規格外ということで検査を受けないと平成34年11月末以降使かえなくなるらしい。
・実は私の使っているJRL-2000FとTL-922のエキサイター(第x送信機)を切替使用する変更を申請したら、「新スプリアス規格外のリニアアンプ」ということで要検査となります。という注意書きがあり変更申請が返却されてきました。何を、どのように検査するのか分かりませんが、、
・それで慌てて関東総通のWebをみたらリニアアンプの新スプリアス規格というのがあった次第です。
・今まではハイパワー局の検査は1度だけです。などどいわれていたのであまり気にしてなかったら、いやいや、、まいりました!!、まあ検査を受ければよいわけだからどうって事無いよと割り切ればよいわけですが、なんとなく面倒だ。

・規則に従って運用する必要があることは分かりますが、、もっと良い方法はなかったのでしょうか、まあ年寄りで余命を気にする年齢になりましたので、必要な期限に必要なことをすればよいかなと思うことにしました。

・ここに書いたことは関東エリアの話ですので、他のエリアの総通がどう考えているのかは分かりません!!、

2018-5-2
・総通に聞いてみました、まだ正式なハイパワー対応は決まってないとのことでした。ただハイパワーの場合(第X 送信機)TSSの保障認定等は通用しないようです。
・お金持ちは新スプリアス認定リニアを買って
新スプリアス規格の送信機を繋げば検査は無いようです。メーカーさんは喜びますね!!

| | コメント (0)

2017/11/23

オリジナルにこだわると高価

 

S2001_3・S2001Aがヤフオクで6,000円/本 以上で落札されてます。新品箱入りというのが値段を上げたのでしょうか?まだ真空管リグに愛着のある人も多いということなのでしょうか?、、あるいは新スプリアス規格が明確になって来て古い機械を使ってみたいという方が多くでてきたのでしょうか?
 いづれにしても製造してないものですから必要な人が多ければ値段は上がることは間違い無いということでしょう。代用品は6146とかあるでしょうが、オリジナルにこだわると高価な買い物になります。

| | コメント (0)

2017/06/27

今日は珍しくよく聞こえてた

35mhzopen20170627 7mhzopen20170627 14mhzopen20170627 18mhzopen20170627


21mhzopen20170627_2 24mhzopen20170627_2 28mhzopen20170627_2 50mhzopen20170627

・今日は珍しく国内が15:00頃、広範囲に聞こえてました。14MHzではVKも聞こえてました。
太陽さん元気が出たようです。

| | コメント (0)

2017/02/21

強風でアンテナ支柱折損

7mhz・今日は我が地は強風である、こんな風の日にはSWRはどう変化しているのか見てみようと思った。ところがびっくり、7.3MHz付近に共振点が移動している、
本当かいな?と思ってもう一度測定するが同じだ、外に出てアンテナを見ると片側の竹が折れてエレメントがぶら下がっている。今日は強風なので修理は止めることにした。竹は胴が割れると強度が下がり風でバキっと折れる。10本近く切り出して保存してあったので、明日にでも取り換えよう!!

221_223mh・22日修理完了したので、テストして23日データもとっておきました。国内はそこそこ飛んでいるようです。どうもクリエートのようなV型が良さそうですが簡単に張れるのでこれで遊んでます。

| | コメント (0)

2017/02/14

ロープを緩めてメンテナンス

D7mhzantsc08333・7MHzのDPアンテナの共振点が7.18MHzとなってしまったので10cm程エレメントを伸ばした。7.11MHzになった。7.1から上に出るのでもう少し高いほうが良いのだが、面倒なので再調整はやめた。
・点検した理由はもう一つ、写真のネジ部が鉄管に当たって風が吹くとガリガリとのノイズを出していたからだ。向きを鉄管と反対にして風が吹いたとき鉄管から離れるようにした。これで、送信、受信共少し静かになると思う。
・よく見ると送信時放電してたようで、白くなってました。毎日風が吹いてましたが、今日はほとんど風が無かったのでハシゴを電柱にかけて絡んだロープを緩めてメンテナンスを行う。

このケースはバランでしたが中のコイルは取り外して同軸ケーブル直結になっています。

| | コメント (0)

2017/01/24

治している時間のほうが多い

Mc43dsc08206・TS-50に使っていた”おにぎりマイク”MC-43エレメントが壊れました。しばらく使ってなかったのですが、コネクターの半田不良かと思って調べてたが、エレメントでした。テスターで当たると導通なしでした。”おにぎりマイク”は口に近づけてしゃべるので寿命が短いのでしょうか。同じものでケーブルの無いものがありましたので取り替えました。今年は寒いので、その影響もありかな!中古品のボロばっかしなので、なんだかんだ良く壊れます。リグも減らさないとQSOしてるより治している時間のほうが多くなってしまいます。

 

| | コメント (0)

2016/07/03

R8バーチカルアンテナの修理内容

R8dsc06093_2 ・R8バーチカルアンテナの修理内容ですがBBという下から2段目の折損したアルミパイプを写真の様に直してます。元の外形に合う3mm肉厚のパイプ長さ500mmを用意してネジでカンザシの様に止めてます。これで強度的にも十分と思ってます。14、18,21,50MHzで実使用した結果、なんとか使えることがわかりました。50MHzは無線を初めて初QSOを6m&downのコンテストで行いました。山岳移動局との直接波での交信です。同調点が50.4MHz」付近にありましたので、SSBでのコンテスト・サービスができました。そのほか144,430、1200MHzも各5局程サービスしました、これは別のアンテナを使っての話です。

| | コメント (0)

2016/06/10

切断加工はさすがプロ

R8dsc05868 R8dsc05869 R8dsc05873・7MHzのコンデションがいまいちで何も聞こえないこともあります。上のバンドの様子を見よと破損落下したバーチカルアンテナを2個1で修理して使おうとしてます。USAに部品注文しようと見積もりをしたら送り賃をいれて$350とかいってきたので即刻断りました。
・福井県勝山市の 横山テクノというところに丁度合うものがあったので6日に注文したら9日に定形外郵便で到着しました。 送り賃も入れて¥1,840でした。切断加工はさすがプロの仕事で「スバラシイ」の一言です。肉厚3mm、φ38のアルミパイプです。Es国内お遊び用です。

| | コメント (0)

2016/05/25

28MHzの国内が

28es_228mhz_228MHzの国内が聞こえてます。!昨日はかなり暑かったですが、今日はそうでもないがかなり強いEsです。私はアンテナが落ちて無いので7MHzのダブレットで聞いてるだけです。もうすぐ暑い夏の到来です。

| | コメント (0)

2016/05/22

SDR-ConsolをVer,Up

Sdrradiopro_v23b2381・現在使う時間が長いSDR-ConsolがUp(RADIO-Pro_v2.3b2381)してましたので更新しておきました。ライセンス期限が2017-1-31になったのは分るのですが、何が良くなったのか?わかりません。V3というバージョンもあるようですが正式リリースされてないようなので遠慮しておきました。このソフトを使いIC-7300との連動で遊んでます。

| | コメント (0)