SDR

2017/06/07

RS-HFIQ-Si570でなくSi5351-0607

29mhzfrom_gps0046425 29mhzfrom_gps00 ・私の基板はRev Dというもので温度補償のソフトは無効らしい。したがって周波数補正はRS-HFIQ Control PanelのFixed Frequency Offsetに入れる数値でのみ調整可能である。難しい説明がしてあるが要はずれている周波数が例えば50Hzプラスしている場合は50HZ x 4 =200Hz下げればよいので-200という数値をFixed Frequency Offset欄に入れてSETボタンを押せばよい。丁度室温が25℃だったのでここで”0”になるよう調整した。後は温度変化でどおくらいずれるのか調べておけば良い。PowerSDRの様にキャリブレーションボタンでWWVの10MHzを受信して自動で校正はしてくれない。多分実用範囲内で収まるずれなのでこうしたのかもしれない。要はHDSDRから直接発振部にアクセスできないのでせっかくHDSDRで備えている校正機能が使えないのだ。SoftRockのCFGSR+ExtIO_Si570.dllのようなものが今は無いのである。この部分はHDSDRの開発グループに頼めば作ってくれるようだが、これは開発者のやることだ。
・いろいろ調整方法はあると思うが、私はGPSの10MHzのクロックの入るSGで29MHzを出してづれをみた。AMの信号を出してECSSモードで受信するのが簡単である。信頼できる局の電波を受信してその読みからずれを知ることでも十分だと思う。画面コピーのHDSDRは見やすいようにOffsetを10KHzにしてある、キャリブレーション後の確認画面である。
*最終的にはWWV10MHzをECSSモードで受信して10.000.000になるよう微調整してます。2017-6-8

| | コメント (0)

2017/06/05

RS-HFIQ-Si570でなくSi5351-0605

・RS-HFIQのキャリアサプレッションを見てみました。送信ソフトはHDSDRです。
Rshfiq35mz Rshfiq7mz見やすくするためLO=10000Hzとデフォルトにしてあります。従い10KHz下側にキャリア位置があります。モニター受信機はFlex-1500です。3.5MHzではほとんど見えません、7MHzでは少し出てきます。
Rshfiq18mz・18MHzになると極端に悪化します。このてのオールバンド機の問題を引きずってます。SDRの高級機は別として私の知る限りGenesis Radioがハードでバンド別に調整可能なようです。狩猟民族はこの問題は極めておおらかな考えのようです。LO=Tune周波数とすればキャリア位置が普通の送信機と同じですので特に大きな迷惑はないと思うがLO=10KHzとすると10KHz下にキャリアが出ますので要注意です。ただ3.5、7MHzに主として出る人はあまり問題ないと思う。

| | コメント (0)

2017/06/03

RS-HFIQ-Si570でなくSi5351-0603

Rshfiqdsc09129 ・受信の混変調がひどい、スピーカースライドバーも、AGCも効かない。ということでどうするかと迷ったが、とりあえずHDSDRのFactry resetをかけて再設定をしてみた。すると嘘のように前述の問題がクリアーされた。3.5MHzと7MHzで試験交信をしながら様子を見てますがキャリアサプレッションが良い、スペクトラム画面の中央に出る出っ張りが少ないと感じてます。私のところは近くに300KWの短波放送所と500KWの中波放送所があり変な妨害を受けてるような感じがしてます。ハイパスフィルターでも入れないとダメかなと思ってます。
 送信は5Wですが、音がクリアーなためか(味気はないが)、想像以上に良く交信できます。メーカーの指示はLO=”0”に設定となってます。いつもの6KHzに設定しても問題ないようですが送信音の感じはだいぶ違うようです。
最近18MHz等高いバンドも開けてますので、簡単な垂直アンテナで国内局を呼んでみますと、100Wやビームアンテナの局と競合しない限りたいがい取ってもらえます。80/60/40/30/20/17/15/12/10mのバンドに出られますので、ハイバンドが開いているか簡単に聞けるのはSoftRock等に比べ便利です。
Revddsc09086 Rshfiqdsc08981 Rshfiqdsc09090 Rshfiqdsc09126_5

| | コメント (0)

2017/05/30

RS-HFIQ-Si570でなくSi5351-0530

Rshfiqdsc09107 ・送信音が籠って抜けてないという状態でしたので、最初のハンドセットマイクは止めて現在使っているダイナミックマイク+リミティングアンプにしました。従い音声用にベーリンガーのUSBオーデオをつけました。周波数校正ですがHDSDRのキャリブレーションを使うと送信と受信の周波数がずれてしまいます(約-50Hz)。他のSDR等で送信周波数を計測してOption->Calibrationで周波数数値を入力して校正しました。自動キャリブレーションでないのが残念です。

・受信時cross-modulationからうまく逃げられませんのでHi-passとATTを受信フロントエンドに入れないとダメかも?AGCが旨く設定できません。Jim Veatch WA2EUJとメールでやり取りして聞いているのですが、安いこの手の受信機は皆問題あり、とのことです。Jimさんより土日にもメールが入りびっくりしてます。
昨日と今日7MHz5wでテスト交信してみました。JA6が2局、JA8が1局 59のリポートでした。

| | コメント (0)

2017/05/22

RS-HFIQ-Si570でなくSi5351

Rshfiqrecb Rshfiqb・まあよく飽きもせずSDRいじくってます。Si570でなくSi5351というOSCを使ったものです。ですからSoftRockでつかっていたCFGSRがないのであります。じゃなんで制御するかですがArduinoというのでSi5351を制御していて、既存のSDRソフトとはOmni-rigを通して同期してます。いちおう送受信動きましたが制御関係がいまいち理解できてません。Omni-rigでやるのでスムースに周波数変更等が追随してくれるか心配してましたが、まったく問題ありません。非常に小さいUSBオーデオが24bit 96Kで動くのと、ArduinoとのUSBのやりとりが速いのかわかりませんがとにかくストレスなく動きました。次は、よく仕組みを調べてPowerSDRを動かす予定です。

Cntrol_panel0_2・これがよく解らなくて??
Omni-rigをSetupしてOKならRS-HFIQ Conrtol PanelのStatusが ON-LINEになります、これでSi5351が今回の場合HDSDRで使える状態になる。写真の電源の表示で見ると受信時3W弱+PCの消費電力です。
Cntrol_panel0bOmnirigsetting Rshfiqrecb21
・All Bandですので21MHzもOK
RS-HFIQ 5W Software Defined Radio (SDR) Tranceiver. Jim Veatch, WA2EUJという優秀なエンジニアが設計したようです。 Hardrock-50という50WAMPのほうがUSAでは評判が良いようです。
Hardrock-50 Operating Instructions
RS-HFIQ Technical Information Site

| | コメント (0)

2017/03/05

SdrConsol V3-ExtarnalRadio

Sdrconsolv3extarnalradio_2・今日何気なくWebを覗いていたら、SdrConsol V3-ExtarnalRadioがサポートされたことが分かった。早速マニアルに従い動かしてみました。おーー素晴らしい!!動きました。まあソフトは前バージョンで出来てるわけだから時間の問題と思っていたが、良かった!!。V3は単純な画面とCPU Soundのデフォルトの音が聞きやすく、気に入っていたのでしばらく使ってみよう。
・おーーS2~5の信号がAGC=Slowで浮かび上がって聞こえる、これってすごい!!
ExtarnalRadioの表示位置と大きさもグッド、音量調整バーも使いやすい。受信AFの帯域も常時表示されてるし言うことなし!!

・Version 3   >   Known Bugs
◾External Radio does not work correctly when connected to the IF Output of the radio.
◾External Radio tracking may be slow.

| | コメント (0)

2017/02/08

SDRconsol V3

Sdrconsole_v30_2・SDRconsol V3は前から知っていたのですが、今日初めて使ってみました。まだ未完成のβ版のようですが、動きました。ハードはSDRplayです。Show frequencyのチェックを入れないと周波数がでません。これ見つけるのに時間を要しました。SDR#のような画面で最初あれー!と思いました。
Sdrconsole_v31
・送信の画面ですが、ANANをサポートしているようです。私の気に入っているExternal Rig(Omni-rig)はまだサポートしていないようです。


Sdrconsole_v32・受信はこれだけのハードがメニューにありますので、だいたい動くと思います。

Sdrconsol_v3rem ・TeamViewerでRemoteで見るとこんな感じでシンプルです。

| | コメント (0)

2017/02/02

SDRconsolライセンス-1/31日-期限切れ

Sdrradiopro_v23b2729_2 ・SDRconsolがライセンス期限が切れて動かなくなりました。
新しい「V2.3 Release build 2729」 をダウンロードしインストールする。
何が変わったのか、、、、よく見てみないと分んないですね!V3も出てますが送信ができるようになりANAN 10, 100に対応しているようです。
ああ、、External radioの下ののアイコンがいっぱいあるぞ!!
download stable Version 2.76 (February 02, 2017).
・JH1OJY 会田さんの情報でHDSDRもVer.Upしていることが分かり、こちらも久しぶりに更新しました。
2月はこんな時期なのでしょうか?

| | コメント (0)

2016/12/12

外部記憶装置としてかなり安全に保管

Softrockpowersdr244・リニアアンプが無い間に、SoftRock+PowerSDR244の”まとめ”を作ることにした。最初は金属の箱に入れるつもりだったが、まな板ならぬベニア板-送信機となってしまった。下のべニア板に必要なものが乗っているので、ばらばらよりは多少ましかなと思う。要はソフト、OSも含めてまだ安定してないのである。ただ時間がたつといろいろ忘れてしまうのだ、ここに書いておくと外部記憶装置としてかなり安全に保管できるのである。
以下12/18日追加
・こんなことして遊んでいたら、Remote RS-BA1が動かなくなりました。勉強を兼ねて最初からやり直そうかと思ってます。サーバーから「COM/オーディオ エラー」が出てます。RS-BA1  Version 1.93  2016/12/13 とUpdateされているので何かなと思ったら、ソフトは変更無し、とありました。どうもあの難解なマニアルを読みやすく整理したようです。たぶんHelpも変更になるのかな?、難しい日本語だなと思ったのは私だけではなかったようです。なおしてもらって結構、結構コケコッコーであります、、

| | コメント (0)

2016/11/24

12年前のSDR

Sdr100img003

・10MHz分配器の回路図を調べてARRL発行のQEXという雑誌を見ていたらこんな宣伝記事が目についた。2004年発行のものである、これってSDRの初めのころのものですよね!、SoftRockでPowerSDRを動かすときの選択機種がこのSDR-100です。当初はパラレルインターフェースもあったのですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧